メディア
速報
» 2021年06月08日 16時15分 公開

2021年半導体市場規模は5272億米ドル、WSTS春季予測初の5000億米ドルの大台突破へ

WSTS(世界半導体統計)は2021年6月8日、2021年春季半導体市場予測を発表した。それによると2021年世界半導体市場規模は2020年比19.7%増の5272億2300万米ドルと大きく拡大し、初めて5000億米ドルの大台を突破するとした。

[竹本達哉,EE Times Japan]

2022年も続伸を予想

 WSTS(世界半導体統計)は2021年6月8日、2021年春季半導体市場予測を発表した。それによると2021年世界半導体市場規模は2020年比19.7%増の5272億2300万米ドルと大きく拡大し、初めて5000億米ドルの大台を突破するとした。2022年の世界半導体市場規模についても2021年比8.8%増の5734億4000万米ドルとさらに拡大すると予測した。

世界半導体市場規模推移。2021年以降は予測値 (クリックで拡大) 出典:WSTS

 WSTSでは例年、春と秋の年2回、半導体市場予測会議を実施し、半導体市場予測を作成、発表してきた。ただ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響で、2020年春季から予測会議の開催を中止。2021年春季予測についても、予測会議を開かず、WSTS加盟会社の予測値の平均値を基にWSTSとしての市場予測を作成、公表した。

 2020年の世界半導体市場規模については2019年比6.8%増の4403億8900万米ドルで、2018年の4687億7800万ドルに続き、過去2番目の市場規模になったとした。2020年の半導体市場についてWSTSは「世界経済はCOVID-19のパンデミックの影響で低迷した一方で、半導体市場は(PCやタブレット端末の需要や、クラウドサービスなどのインフラの設備投資需要の高まりなど)複数のプラス要因がこれを打ち消した」と分析している。

 過去最高の市場規模になることを予測した2021年ついては「2020年後半からは経済活動の緩やかな回復に伴い、半導体需要は自動車用途をはじめ広範にわたって拡大している。加えてCOVID-19のワクチン接種の進展により経済活動の正常化が促されることも期待し、2021年は2桁成長が予測されたと考えられる」としている。

 2022年についても「足元の非常に強い半導体需要が急速に弱まる要因が見つけがたかったとみられ、2022年は特に反動減が意識されなかったものと思われる」と分析した。

2021年、2022年と各地域、各製品で前年比プラス成長か

 地域別市場予測については2021年、2022年ともに米州、欧州、日本、アジア太平洋の各地域で前年比プラス成長が見込めると予測。

世界地域別市場予測 (クリックで拡大) 出典:WSTS

 日本市場については、2020年は米ドル換算で2019年比1.3%増の364億7100万米ドルと成長したものの円換算では同比0.6%減の約3兆8934億円とマイナス成長になった。ただ、2021年、2022年については米ドル換算、円換算ともに前年比プラス成長を予想。円換算での日本における半導体市場規模は2021年が約4兆3529億円(2020年比11.8%増)、2022年が約4兆5872億円(2021年比5.4%増)が見込まれている。

 製品別の市場予測は下図の通りだ。

世界製品別市場予測 (クリックで拡大) 出典:WSTS
世界のIC製品別市場予測 (クリックで拡大) 出典:WSTS

 WSTSは、1986年に設立された半導体市場に関する世界的統計機関。世界の半導体メーカーが自主的に加盟しており、現在の加盟社数は44社。加盟各社の半導体販売額や販売数量の実績値を製品別、地域別に同一分類基準で毎月集計し、それを基にして作成した統計を発行している。2021年春季予測では、2021年3月までの実績値を基に作成されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.