メディア
ニュース
» 2022年03月10日 18時15分 公開

GFがシリコンフォトニクスプロセス「GF Fotonix」を発表データセンター分野に向けて

GlobalFoundries(GF)は2022年3月7日(米国時間)、次世代シリコンフォトニクスプラットフォームとして「GF Fotonix」を発表した。主にデータセンター向けソリューションを対象としたプロセスで、300GHz帯RF CMOSと光学コンポーネントを同一チップ上に集積する、300mmウエハー対応のモノリシックプラットフォームとなる。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
出所:GlobalFoundries

 GlobalFoundries(GF)は2022年3月7日(米国時間)、次世代シリコンフォトニクスプラットフォームとして「GF Fotonix」を発表した。主にデータセンター向けソリューションを対象としたプロセスで、300GHz帯RF CMOSと光学コンポーネントを同一チップ上に集積する、300mmウエハー対応のモノリシックプラットフォームとなる。これにより、従来は複数のチップに分散していた複雑なプロセスを、シングルチップに集約できるとGFは主張する。

 さらに、GFはリリースで「当社は、300mmウエハー対応のシリコンフォトニクスソリューションで、1ファイバー当たり0.5Tビット/秒(bps)のデータレートを実現するファウンドリー」とし、このプラットフォームにより、より高速かつ効率的なデータ伝送を行う、1.6T〜3.2Tbpsの光チップを実現できるとする。

 GF Fotonixにより、PIC(フォトニック集積回路)において高い集積度を実現できるので、BOM(Bill of Materials)を簡素化できるメリットがある。

 GF Fotonixを適用したソリューションは、2022年4月にリリースされる予定のPDK(Process Design Kit) 1.0とともに、米国ニューヨーク州マルタの工場で製造される。EDAのパートナーであるAnsys、Cadence Design Systems、Synopsysは、GF Fotonixに対応する設計ツール/フローを提供する。

 GFは、GF Fotonixの開発や適用において、Broadcom、Cisco Systems、Marvell Technology、NVIDIAおよび、フォトニクス技術を手掛けるAyar Labs、Lightmatter、PsiQuantum、Ranovus、Xanaduと協業。通信速度や性能、消費電力などデータセンターの課題の解決を狙うとした。

 GFはリリースで「データ伝送において電子ではなく光子の可能性を捉えた、画期的な半導体ソリューションに一層注力する」とコメントした。さらに、光通信モジュールのファウンドリーとして、売上高で2021〜2026年に年平均成長率26%を達成する見込みだとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.