メディア
ニュース
» 2022年07月06日 13時30分 公開

ローデ、43.5GHz対応のベクトルネットアナを発売ミリ波帯5GやKaバンドに対応

ローデ・シュワルツは、最高43.5GHzのネットワーク解析機能を備えたベクトルネットワークアナライザー「R&S ZNB43モデル」を発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

パワーレンジ拡張と第2内部信号発生器をオプションで用意

 ローデ・シュワルツは2022年6月、最高43.5GHzのネットワーク解析機能を備えたベクトルネットワークアナライザー「R&S ZNB43モデル」を発表した。

R&S ZNB43モデルの外観 出所:ローデ

 同社はこれまで、R&S ZNBシリーズとして最高26.5GHzに対応するZNB26モデルなどを供給してきた。新たに発売したZNB43モデルは、周波数範囲を100k〜43.5GHzに拡張し、5G(第5世代移動通信)に用いられるミリ波帯や、航空宇宙および防衛分野に用いられる無線周波数帯「Kaバンド」にも対応することができる。

 ZNB43モデルとして、2ポートまたは4ポートのモデルを用意している。それぞれ2.4mmあるいは2.92mmのコネクターで利用できる。オプションとして、パワーレンジの拡張と第2内部信号発生器も準備した。

 主な用途としては、フィルターやカプラ、スイッチなど受動デバイスの特性評価を挙げた。オプションの第2内部信号発生器を搭載すれば、ミキサーやアンプといった受動デバイスの測定も可能になる。さらに、IEEE 370規格に準拠したディエンベッディングのためのソフトウェアツール群も統合オプションとして利用することができる。

 この他、DUTを接続したままテストを続けられる、インラインのキャリブレーションユニットもサポートしている。試験ごとにDUTのケーブルをつなぎ直すなど、セットアップの作業効率を改善することができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.