メディア
ニュース
» 2022年08月04日 10時30分 公開

ルネサス、5V電源対応の32ビットマイコンを発売CAN FDコントローラを内蔵

ルネサスエレクトロニクスは、家電製品や産業機器に向けて、5V電源に対応した32ビットマイコン「RX660」の量産出荷を始めた。高速で大容量通信を可能にする「CAN FDコントローラ」も内蔵した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

汎用IOの有効端子数、従来のRX210に比べ約10%増加

 ルネサスエレクトロニクスは2022年8月、家電製品や産業機器に向けて、5V電源に対応した32ビットマイコン「RX660」の量産出荷を始めた。ハイエンドのRXマイコンでは初めての5V対応製品になる。高速で大容量通信を可能にする「CAN FDコントローラ」も内蔵した。

RX660の外観 出所:ルネサス

 RX660は、CoreMark/MHz値が6.00の「RXv3コア」を搭載。最大動作周波数は120MHzで、高い演算性能と動作時の低消費電力を両立させた。メモリは最大1MバイトのROMと最大128kバイトのRAMを内蔵している。

 RX660は5V対応マイコンであるため、3V駆動のマイコンに比べ、ノイズの影響を抑制するための対策部品を外付けする必要がないという。パッケージも48〜144端子品を用意した。これにより、汎用IOピンの有効端子数は、従来のRX210に比べ約10%増加した。例えば、144端子品では汎用IOピンの有効端子数が134端子となり、1個のマイコンに接続可能なセンサー数を増やすことができるという。

 RXファミリーでは初となるCAN FDコントローラも内蔵した。CAN FDはCANプロトコルを拡張し、より多くのデータを高速に転送できるようにした通信プロトコルである。産業機器やロボット制御の分野で、課題となりつつあるデータ通信量の増大などに対応することができる。セキュリティ信号も1フレームで送信できるため、機器のセキュリティを強化できるという。

 ルネサスは、RX660応用製品の開発を支援するため、2種類の開発ボードを用意した。プロトタイピング用の安価なターゲットボード「Target Board for RX660」と、RX660のフル機能を利用してアプリケーション開発/評価を行うことができる「Renesas Starter Kit for RX660」である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.