メディア
ニュース
» 2022年06月29日 16時50分 公開

ルネサス、車載/無線分野でインド大手財閥Tata Groupと協業インド/新興市場での拡大を狙う

ルネサス エレクトロニクスは2022年6月29日、インドの大手財閥「Tata Group」傘下の2社と半導体ソリューションの設計、開発、製造面で協業すると発表した。次世代の車載エレクトロニクスや無線ネットワークソリューションに向けた開発を進め、「インドおよび新興市場向けのエレクトロニクスの進化を加速する」としている。

[永山準,EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2022年6月29日、インドの大手財閥「Tata Group」傘下の2社と半導体ソリューションの設計/開発/製造面で協業すると発表した。次世代の車載エレクトロニクスの開発や無線ネットワークソリューションに向けた開発を進め、「インドおよび新興市場向けのエレクトロニクスの進化を加速する」としている。

 ルネサスが協業するのは、いずれもTata Group企業である、Tata Motors(本社:インド・ムンバイ)および Tejas Networks(本社:インド・ベンガルール)の2社だ。

 Tata Motorsとは次世代車載エレクトロニクスの開発で協力し、クルマのパフォーマンス改善やスケーラビリティの確保を進める。ルネサスは、「ADAS(先進運転支援システム)などの新技術開発において、非独占的な協力関係を結び、顧客の要望に効率的、効果的に対応していく」としている。Tejas Networksとは、4G(第4世代移動通信)、5G(第5世代移動通信)、そしてオープン無線アクセスネットワーク(O-RAN)などで使用される無線ユニット(RU)向けに半導体ソリューションを設計/開発。相互運用性を向上させるとともに、オープンで柔軟な5G RANの展開を可能にするとしている。

 また、ルネサスはTata Group傘下のTata Consultancy Services(本社:ムンバイ)と提携し、ベンガルールにシステムソリューション共同開発センターを設立するとも発表。同センターでは、IoT(モノのインターネット)、インフラ、産業、自動車分野向けに包括的なシステムソリューション開発を進める。

 ルネサスは2022年3月にも、Tata GroupのTata Elxsi(本社:ベンガルール)との次世代EV(電気自動車)イノベーションセンター(NEVIC)の設立を発表しており、「今回の取り組みは、こうしたルネサスとTata Groupの技術、ビジネスパートナーとしての長年にわたる関係性を発展させるものだ」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.