メディア
ニュース
» 2022年06月09日 10時00分 公開

ルネサス、組み込みAI技術企業Reality AIを買収AIoTソリューションを強化

ルネサス エレクトロニクスは2022年6月9日、組み込みAIソリューションを提供するReality Analytics, Inc.(以下、Reality AI)を買収すると発表した。買収は現金で行い、2022年中に買収を完了させる予定。

[竹本達哉,EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2022年6月9日、組み込みAI(人工知能)ソリューションを提供するReality Analytics, Inc.(以下、Reality AI)を買収すると発表した。買収は現金で行い、2022年中に買収を完了させる予定。

Reality Analytics, Inc.のWebサイト

 Reality AIは2016年に設立し、米国メリーランド州コロンビアに本社を置く。自動車、産業機器、民生機器などに向けた非画像領域の高度なセンシングを実現する高効率な組み込みAIや機械学習ソリューションを提供している。同ソリューションの機械学習モデルは、高度な信号処理数学を駆使し高速で効率的な推論が可能で、小さなマイコンに組む込む用途に最適だという。主力製品には、非視覚センサーから得られたデータを収集、解析し、軽量な学習モデルを生成するソフトウェア開発環境「Reality AI Tools」などがある。「Reality AI社の推論を行うAIソリューションは、エンドポイントとしてのさまざまなアプリケーションに実装でき、例えば、AI実装のセンサーを使用した工場での異常検出や自動車での音声認識にも適用されている」(ルネサス)

「AIoTのリーディングプロバイダーとしての地位を高める」(柴田CEO)

 ルネサスは、「e-AI(embedded AI)」を成長戦略の1つとして掲げ、自社のマイコンやMPUをベースに組み込み機器などのエンドポイントで推論を行うためのツール、ソフトウェアの提供を強化。今回の買収は、そうした動きの一環で「買収により、ルネサスのエンドポイントに向けたAIソリューションが大幅に強化される」(ルネサス)とする。

 買収に伴い、ルネサスは、組み込みAI技術、主要な知的財産、ソフトウェア、ツールの拡充に加え、Reality AIのAI専門人材を獲得し、米国メリーランド州のAIoT(Artificial Intelligence of Things)に関する研究開発拠点を取得。「これにより、グローバルなソフトウェア開発人材基盤をさらに広げ、AI導入を求める顧客の声に応えていく」(ルネサス)としている。

 ルネサス社長兼CEOの柴田英利氏は「エンドポイントにおけるデータの重要性とその処理量は、かつてない規模で増大している。今回のAI技術の買収は、エンドポイントインテリジェンスを求めるお客様の高まるニーズに応える上で、重要な一歩となります。ルネサス既存の組み込みAIのポートフォリオにReality AIのAIソリューションが加わることで、AIoTソリューションのリーディングプロバイダーとしてのルネサスの地位を高めてまいります」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.