メディア
ニュース
» 2023年11月22日 10時30分 公開

世界半導体産業は23年Q4から回復、24年以降は継続成長へSEMIとTechInsightsが予測

SEMIは2023年11月13日(米国時間)、世界半導体産業について、2023年第4四半期以降はサプライチェーン全体で行われた生産調整が功を奏して、プラス成長に転じると予測した。2024年以降は、継続的な成長を見込む。

[半田翔希EE Times Japan]

 SEMIは2023年11月13日(米国時間)、世界半導体産業について、2023年第4四半期は回復に向かっていて、2024年の継続的な成長の土台が整うとの予測を発表した。

 この予測は、SEMIと米TechInsightsが四半期ごとに発行する半導体業界の統計レポート「Semiconductor Manufacturing Monitorレポート」の最新版に基づくものだ。同レポートによると、電子機器の売上高は、2023年第3四半期の前四半期比7%増からさらに成長し、2023年第4四半期には同22%増になる見込みだ。ICの売上高は、こうした最終製品需要の改善および在庫の正常化に伴い、2023年第3四半期の同7%増に続き、2023年第4四半期は同4%増となることが予測されるという。

 一方で、半導体製造に関する指標は引き続き軟調で、SEMIによれば、ファブ稼働率および設備投資額は、2023年後半も下降が継続する見込みだという。2023年の設備投資は、非メモリ分野の設備投資がメモリ分野の投資額を上回る予測ではあるが、その非メモリ分野の投資額自体は減少傾向にあるという。SEMIは、2023年第4四半期の設備投資の総額について「2020年第4四半期の設備投資額の水準にとどまるだろう」としている。ただ、前工程装置の売上高は、当初予測よりも減少幅が小さくなる見込みなほか、後工程装置の売上高は、2023年第4四半期には上昇すると予測している。

ロジックおよびメモリICの四半期ごとの売上高推移(上)、IC在庫額とファブ稼働率(下) ロジックおよびメモリICの四半期ごとの売上高推移(上)、IC在庫額とファブ稼働率(下)[クリックで拡大] 出所:SEMI/TechInsights

 SEMIの市場情報担当シニアディレクターであるClark Tseng氏は「2023年後半は、ファブ稼働率が下がり、設備投資も後退している。一方で、後工程装置の売上高は、2023年第4四半期に底を打つと予測している。半導体製造業界は、これを機に下降期から脱出し、2024年以降は成長していくだろう」と述べている。

 TechInsightsの市場分析担当ディレクターであるBoris Metodiev氏は「半導体市場は、過去5四半期にわたり後退を続けている。しかし、2023年第4四半期以降は、サプライチェーン全体で行われた生産調整が功を奏して、プラス成長に転じる見込みだ。前工程装置の売上高については、IC市場を上回る成績が続いている。2024年にかけても、政府の産業支援と受注残の処理に支えられて好調が継続することが予測される」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.