メディア
ニュース
» 2024年02月06日 20時08分 公開

TSMCが熊本第二工場建設を発表、6nmプロセス導入 27年末の操業開始へトヨタも少数株主として出資

TSMC、ソニーセミコンダクタソリューションズ、デンソー、トヨタ自動車は2024年2月6日、TSMCの半導体受託製造子会社Japan Advanced Semiconductor Manufacturing(JASM)の熊本第二工場を建設する計画を正式に発表した。

[永山準EE Times Japan]

 TSMC、ソニーセミコンダクタソリューションズ(以下、SSS)、デンソー、トヨタ自動車(以下、トヨタ)は2024年2月6日、TSMCの半導体受託製造子会社Japan Advanced Semiconductor Manufacturing(以下、JASM)の熊本第二工場を建設する計画を正式に発表した。2024年末までに着工し、2027年の操業開始を目指す。また、トヨタが少数株主として参画することも発表した。

設備投資は2工場で200億米ドル超に、6/7nmプロセス導入を明言

 JASMは22/28nmプロセスおよび、12/16nmFinFETプロセス技術を導入する第一工場を熊本県菊陽町に建設していて、2024年2月24日に開所式を行う予定だ。TSMCらによると第一、第二工場を合計したJASMへの設備投資額は200億米ドル超となる見込みで、「日本政府からの強力な支援を受ける前提で検討している」という。

 両工場の生産能力の合計は月産10万枚(12インチウエハー換算)を超える見込みで、自動車、産業、民生、HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)関連アプリケーション向けに40nm、22/28nm、12/16nm、6/7nmのプロセス技術による製造を行う予定だ。両工場の稼働によって熊本拠点では3400人以上の高度技術専門職を直接雇用する見込みだという。なお、生産能力計画については「市場における需要状況を鑑みて調整していく」としている。

 TSMCは2024年2月6日の取締役会において、JASMへの最大52億6200万米ドルの増資を決議した。今回の各社の出資によって、TSMCは約86.5%、SSSは約6.0%、デンソーは約5.5%、トヨタは約2.0%のJASM株式を保有することになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.