メディア
ニュース
» 2010年09月10日 18時01分 公開

壁コンセントに直接つなげる有機ELモジュール、フィリップスが開発ディスプレイ技術 有機EL

[EE Times]

 フィリップス エレクトロニクスの開発研究部門であるフィリップスリサーチは、壁に埋め込まれている標準的な電源コンセントから電力を直接供給できる有機ELモジュールを開発した(図1)。有機ELのメインストリームとなる製品を生み出す動きに拍車を掛けそうだ。

 これまで、有機ELを駆動するには、低電圧の直流(DC)電源が必要だった。今回、フィリップスリサーチが開発した白色有機ELモジュールは、交流(AC)電源で駆動することができ、壁の電源コンセントに直接つなげる。この試作品によって、現在は不可欠な電源変換回路のコストと外形寸法を、将来の有機ELモジュールでは削減できる可能性が示されたといえる。

 フィリップスリサーチの研究者であるDirk Hente氏は、報道向け発表資料の中で、「当社独自のインターコネクト技術とパッケージ技術を組み合わせることで、今回の試作品を開発した。AC駆動のLEDはすでに市場に投入されているが、今回の試作品は有機EL市場でも同様の革命を起こすための画期的な一歩だ」と述べている。

 フィリップスによると、有機ELにはいくつかの利点がある。LEDを含むほかの光源に比べて、出力される光の品質が高いことや、サイズが小さいことなどである。同社はすでに、商業用途や産業用途に向けた有機EL照明の製品ラインの販売を始めている。

 フリップスリサーチは、ドイツの教育省が出資するプロジェクト「TOPSA 2012」の一環として今回のAC駆動有機ELモジュールを開発した。ドイツInstitute for High-Frequency Technology in Braunschweig(ブラウンシュヴァイク工科大学の高周波技術研究科)との共同開発である。

図1 図1 230VのAC電源で直接駆動できる有機ELモジュール
出典:フィリップスリサーチ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.