メディア
ニュース
» 2010年10月01日 17時53分 公開

小型のSiCパワー半導体モジュールを富士電機が開発パワー半導体 SiCデバイス

[畑陽一郎,EE Times Japan]

 富士電機ホールディングスは、SiC(炭化ケイ素)パワー半導体向けの小型モジュールを開発した(図1)。ワイヤボンディングを使わない独自の配線技術、熱抵抗が低い基板、耐熱性に優れた封止樹脂などを採用することで、Si(シリコン)パワー半導体のパッケージと比べて体積を1/4に小型化でき、信頼性は変わらないという。

 従来のSiCパワー半導体はダイオードやMOSFETを個別に製品化するのが一般的だが、富士電機は高温動作が可能であるというSiCパワー半導体の特性に合わせたモジュールにして発売する。

図1 図1 SiCパワー半導体向け小型パッケージ
Si(シリコン)パワー半導体向けパッケージの1/4に小型化した。SiC(炭化ケイ素)チップを分散して実装することで放熱性を高めている。複数のSiCショットキバリアダイオードを並列接続することで、耐圧1200V、400A対応のSiCダイオードパワーモジュールも開発した。

 まずSiCショットキバリアダイオードを組み込んだ品種のサンプル出荷を2010年度中に開始し、その後SiCショットキバリアダイオードとSiC MOSFETの両方を実装したモジュールのサンプル出荷を2011年度中に始める。主な用途は、太陽光発電システムやハイブリッド自動車、UPSだという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.