メディア
コラム
» 2016年02月23日 11時30分 公開

Apple vs FBI セキュリティ専門家はApple支持iPhoneロック解除拒否問題(2/2 ページ)

[Rick Merritt,EE Times]
前のページへ 1|2       

テロを企てている人物だった場合には?

 あるロビー団体は、裁判所命令が出された日から1週間後となる2016年2月23日午後5時半(現地時間)に、Apple Storeでの抗議行動を行うとして、参加を呼びかけている。同団体は2016年2月17日に、サンフランシスコのApple Storeで抗議行動を行ったところだ。

 NPO(非営利団体)である「Fight for the Future」でキャンペーンディレクターを務めるEvan Greer氏は、「政府が(セキュリティにおける)自分たちの思惑を押し通すためにサンバーナーディーノの悲劇を利用していることは、恥ずべきことだ」と主張している。

Apple Store 2016年2月17日に、サンフランシスコのApple Storeの前に集まった人々。FBIの命令を拒否したAppleに支持を表明するためだ 出典:Fight for Future

 では、もし捜査の対象が、サンバーナーディーノの事件のように既に死亡している場合ではなく、テロ行為を企てているとされる生きている人物だった場合であれば、どうだろうか。Hinden氏は、「それでもAppleは拒否するだろう」との見解を示しつつ、「極めて難しい決断になるだろう」と付け加えた。

 皆さんは、どうだろうか。

【翻訳:田中留美、編集:EE Times Japan】

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.