メディア
ニュース
» 2016年04月19日 15時30分 公開

ルネサス、ヘルスケア領域へ本格参入2020年売上高150億円を目指す(2/3 ページ)

[竹本達哉,EE Times Japan]

ストレスフリーの見守りソリューション

 “ホーム&ヘルスケア”の分かりやすい例が、遠隔から親族の健康管理を支援する見守りソリューションだ。

 遠隔の親族に対し、監視されているというストレスを与えずに、暮らしぶりを見守る手段の1つとして、電子機器の消費電流測定システムを提案。スマートメーターなどで培った高精度の電流測定技術に、測定した電流波形からどの機器がどのように動いているかを割り出すことができる解析ソフトウェアをマイコン「RL78」上に走らせ処理し、見守りシステムとして活用するもの。例えば、電流測定機能を持つコンセントを複数の部屋に設置すれば、「どの部屋でいつ掃除機を掛けた」や「どの部屋で電気ストーブが付けっぱなしになっている」などの様子が分かる。

見守りソリューションの概要 (クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス
動きに強い脈波処理アルゴリズムの概要 (クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

 同様に見守りを行うセンサーシステムとして、脈拍計も用意。LEDや脈波センサーで取得した信号処理は、電流測定システムと同様、RL78マイコンで行う。見守りセンサーとして脈拍計を使用する場合、人が動いている場合にも一定の精度で脈拍を検出する必要があるが、「電流検出などで培ったフィルタリング技術を使い、体の動きで生じるノイズを除去し、脈波だけを取り出すソフトウェアを構築し、動きに強い脈拍計システム」を実現した」(岡田氏)とする。

見守りソリューションのベース技術の1つである低消費電力BLE対応RF IC技術 (クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

 こうしたセンサーデバイスに、既に製品化済みで、スマートホーム用途へも提案している低消費電力Bluetooth Low Energy(BLE)対応RF ICやセキュアマイコンなどを組み合わせ、クラウドシステムや遠隔につながる見守りソリューションを実現。ホーム分野で培った技術を駆使し、ヘルスケア/見守りソリューションを構築した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.