メディア
ニュース
» 2016年05月27日 10時30分 公開

IoT機器向けマルチプロトコルSoC、Sigfox対応へワイヤレスジャパン2016(2/2 ページ)

[庄司智昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

ZigBeeやThreadをサポート

 3つ目は「Mighty Gecko」である。独自プロトコルとBluetoothに加えて、メッシュネットワークを形成できる無線規格ThreadとZigBeeをサポートした。Threadは、IP(Internet Protocol)ベースのネットワークで、セキュアな通信が可能なホームネットワーク向け規格である。Google傘下となったNestが主導したことでも知られている(関連記事:Google傘下が主導した無線規格「Thread」とは[EDN Japan])。

 深田氏によると、「Mighty Geckoの1世代前の製品が、CATV事業者のイッツ・コミュニケーションズが提供するホームコントロールサービス『インテリジェントホーム』において、各種センサーのワイヤレス通信(ZigBee)で採用された」という。

「Mighty Gecko」の開発用キット (クリックで拡大)

 Wireless Geckoシリーズは、5×5mmのQFN32ピン/7×7mmのQFN48ピンのパッケージで提供され、各種開発キットも展開。PCで無償ダウンロードできる統合開発環境「Simplicity Studio」も提供している。

ワイヤレステクノロジーパーク 2016特集ページ

ワイヤレステクノロジーパーク 2016特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.