メディア
コラム
» 2021年04月19日 13時00分 公開

「最先端プロセス=半導体の開発競争の要」という思考からの脱却電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記

「最先端プロセスを用いるロジックIC」以外にも、欠かせない半導体はたくさんあるのに……というモヤモヤ感。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 この記事は、2021年4月19日発行の「電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン」に掲載されたEE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。

※この記事は、「電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン」をお申し込みになると無料で閲覧できます。


「最先端プロセス=半導体の開発競争の要」という思考からの脱却

 ここ最近、半導体製造への投資に対するニュースが相次いでいます。500億米ドルの投入を発表したバイデン政権をはじめ、Intel、TSMC、Samsung Electronicsの設備投資計画などが、次々と報道されています。半導体不足によって、半導体業界への注目度が高まったこともあるのでしょう。

 ですが、筆者は何となくモヤモヤしていました。過熱する報道に食傷気味なだけかと思っていたのですが、米国EE Timesに掲載された、GLOBALFOUNDRIESのCEOを務めるTom Caulfield氏のインタビュー記事を読んで、“もやもやの正体”がはっきりと分かりました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.