メディア
ニュース
» 2021年05月28日 09時30分 公開

NVIDIA「A100」を6000基搭載したスパコン「Perlmutter」AI処理性能は4EFLOPS

NVIDIAは2021年5月27日(米国時間)、米NERSC(National Energy Research Scientific Computing Center)に設置したスーパーコンピュータ(スパコン)「Perlmutter(パールマターのように発音)」に、NVIDIAのハイエンドGPU「A100」が採用されたことを発表した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 NVIDIAは2021年5月27日(米国時間)、米NERSC(National Energy Research Scientific Computing Center)に設置したスーパーコンピュータ(スパコン)「Perlmutter(パールマターのように発音)」に、NVIDIAのハイエンドGPU「A100」が採用されたことを発表した。

米NERSCが導入したスパコン「Perlmutter」 出典:NVIDIA(クリックで拡大)

 Perlmutterは、HPE(Hewlett Packard Enterprise)の「Cray Shasta」スパコンプラットフォームをベースにしたもので、6159基のA100が搭載されている。NVIDIAによれば、A100を搭載したシステムとしては「世界最大」だという。なお、CPUにはAMDの「EPYC」が搭載されている。

 PerlmutterはFP16/FP32の混合精度において約4EFLOPS(エクサフロップス)のAI(人工知能)処理性能と、FP64の精度で約120PFLOPS(ペタフロップス)の演算性能を実現する。NVIDIA Accelerated ComputingでLead Technical Marketing Managerを務めるDion Harris氏によると、120PFLOPSの演算性能は、2020年11月に発表されたスパコンの性能ランキング「TOP500」において第5位に相当するという。

ビッグデータの量だけでなく、機械学習のためのAIモデルのサイズも急速に増大しているとHarris氏は語る 出典:NVIDIA(クリックで拡大)

 Harris氏は、Perlmutterの後には、数年以内に、より高いAI演算性能を持つ「Leonardo」「Alps」といったスパコンが開発されることも紹介し、AI処理性能において「エクサスケール(EFLOPSの規模で処理をする)の時代」が到来していることを示唆した。

スパコンのAI処理性能(緑のグラフ)と、TOP500を決めるHPL性能(グレーのグラフ)。Harris氏によると「Leonardo」のAI処理性能は10EFLOPS、「Alps」は20EFLOPSにも達するという 出典:NVIDIA(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.