メディア
特集
» 2021年05月31日 07時00分 公開

AIチップ新興企業への大規模投資は妥当なのか過熱する資金投入(1/3 ページ)

データセンター向けAI(人工知能)チップメーカーが、膨大な資金を調達している。2021年4月半ばも、GroqがシリーズCの投資ラウンドで3億米ドルを調達したと発表している他、SambaNova SystemsはシリーズDの投資ラウンドで6億7600万米ドルという大金を獲得したという。投資家たちがAIチップメーカーにこのような大金を投資する背景には、どのようなけん引要素があるのだろうか。

[Sally Ward-Foxton,EE Times]
電子版画像クリックでダウンロードページへ

 この記事は、2021年5月17日発行の「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版5月号」に掲載している記事を転載したものです。

※記事を最後まで読むには、EE Times Japan読者登録(無料)が必要です。



巨額投資が続くAI市場

 データセンター向けAI(人工知能)チップメーカーが、膨大な資金を調達している。2021年4月半ばも、GroqがシリーズCの投資ラウンドで3億米ドルを調達したと発表している他、SambaNova Systems(以下、SambaNova)はシリーズDの投資ラウンドで6億7600万米ドルという大金を獲得したという。SambaNovaの企業価値は現在、50億米ドルを上回るとみられる。

 AIチップ市場においてこのような大金を調達しているのは、これら2社だけではない。同市場の勢いが増し続ける中、同じくデータセンター向けAIチップメーカーであるGraphcore(調達資金7億1000万米ドル、企業価値27億7000万米ドル)や、Cerebras(調達資金4億7500万米ドル、企業価値24億米ドル)なども後に続いている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.