メディア
ニュース
» 2021年10月19日 10時30分 公開

TE、CEATECでセンシング体験型ゲーム機器を展示自社センサー、コネクターなど100点以上を利用

TE Connectivity(以下、TE/日本法人:タイコエレクトロニクス ジャパン)は、「CEATEC 2021 ONLINE」(2021年10月19〜22日、オンライン開催)に出展し、同社のセンサーやコネクター、アンテナなど25種、100個以上の電子部品によって構成したセンシング体験型ゲーム機器「ボディ・コネクティビティ」などを展示する。

[永山準,EE Times Japan]

 TE Connectivity(以下、TE/日本法人:タイコエレクトロニクス ジャパン)は、「CEATEC 2021 ONLINE」(2021年10月19〜22日、オンライン開催)に出展し、同社のセンサーやコネクター、アンテナなど25種、100個以上の電子部品によって構成したセンシング体験型ゲーム機器「ボディ・コネクティビティ」などを展示する。

 TEは今回、「Engineering the Future(未来をエンジニアリングしましょう)」をテーマに出展。電動化ニーズに向けた高電圧コネクターや自動運転に欠かせない高速通信コネクターおよびセンサー、5G(第5世代移動通信)アンテナなどを紹介する「未来のモビリティ」、スマートファクトリー化に向けたファクトリーオートメーション向け接続ソリューションおよび、協働ロボットの安全性能を高める「セーフティートルクセンサー」などを紹介する「未来のファクトリー」といった13の出展チャンネルで同社の製品、ソリューションを紹介する。

 同社はさらに、上記の展示だけでなく、「TEの電子部品がいかに人とテクノロジーを『つなげる』か、を伝えたい」という思いから、センシング体験型ゲーム機器「センシングボディ・コネクティビティ」も展示する。このゲーム機器は、同社のセンサーやコネクター、アンテナなど25種、100個以上の電子部品を活用して作り上げたという。

 センシングボディ・コネクティビティは、具体的には、利用者がボード上に乗って身体の重心移動によってモニターに表示されたクルマやロボットアーム、ドローンを操作するゲーム機器だ(下図)

センシング体験型ゲーム機器「ボディ・コネクティビティ」 出所:TE Connectivity

 具体的な構成は、利用者の重心移動をセンシングするため角に4つのロードセルセンサーが搭載されたボードのほか、電源回路や無線アンテナなどが組み込まれた4つの「ステーション」(上図内、ボード前に並ぶ4つの半球状のユニットを差す。「リレーやコネクター、抵抗、スイッチ、アンテナなどが多数使用されている」という)、そしてPCとなる。

 ボードでセンシングされた情報がステーションを通してPCへと送られ、重心移動によって思う通りに操作できる、という仕組みだ。同社の説明担当者は、「約33万点ある当社の製品から、できるだけ多く、さまざまな製品を使っている。電子部品がいかに多くの種類、多くの用途があるかを知ってほしい」と説明していた。

ボディ・コネクティビティのゲーム画面[クリックで拡大] 出所:TE Connectivity

 なお、今回の展示では展示チャンネル「日本におけるTE Connectivity」内で1分のデモンストレーション動画を公開するのみとなったが、説明担当者は、「2022年には是非リアル展示会で体験してほしい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.