メディア
ニュース
» 2021年10月18日 14時14分 公開

「CEATEC 2021」が明日開幕、2度目のオンライン開催会期は3カ月間

「CEATEC 2021 ONLINE」が2021年10月19〜22日にかけて開催される。2020年に続き、2度目のオンライン開催となる。開幕に先立ち、同年10月18日に記者説明会がオンラインで行われた。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 「CEATEC 2021 ONLINE」が2021年10月19〜22日にかけて開催される。2020年に続き、2度目のオンライン開催となる。開幕に先立ち、同年10月18日に記者説明会がオンラインで行われた。

 今回のテーマは前回に続き、「CEATEC - Toward Society 5.0 with the New Normal(ニューノーマル社会と共に歩むCEATEC)」。“ウィズコロナ”に向けたSociety 5.0を実現するための取り組みを紹介するため、CEATECでは「カーボンニュートラル」「スーパーシティ&スマートシティ」「モビリティ」「5G」の4つが重点テーマとなっている。

「CEATEC ONLINE 2021」の展示会場について説明する、CEATEC エグゼクティブプロデューサーの鹿野清氏[クリックで拡大] 出所:記者説明会の画面のスクリーンショット

 出展者数は314社/団体。2020年の356社/団体から数は減ったが、CEATEC エグゼクティブプロデューサーの鹿野清氏は「128社/団体の新規出展者をはじめ、スタートアップや、20の国と地域から85社/団体が出展するなど、バラエティに富んだ出展者となっている」とコメントし、これまで以上にさまざまな分野や企業から出展されていることを強調した。今回の来場者の目標数は15万人超。前回の来場者は延べ15万人だった。

 カンファレンスは、上記の4テーマに加え、「Society 5.0/IoT/DX/SX」「地域ビジョン/地域戦略セッション」「スタートアップ」「企業セミナー」の計8カテゴリーで、150セッションを用意している。

 今回のCEATECは、9〜11月まで3カ月間にわたり、行われることも特長だ。メインの会期は10月19〜22日だが、9月にはプレイベントとして、重点4テーマのセッションが毎週開催された。メインの会期が終了した10月23日〜11月30日までは、アフターイベントとしてオンデマンドのカンファレンス/セミナー視聴や、特別セッションなどを予定しているという。

CEATEC ONLINE 2021は、プレイベントとアフターイベントを含めると3カ月間の開催となる[クリックで拡大] 出所:JEITA

 併せて「CEATEC AWARD 2021」も発表された。総務大臣賞はNECのスーパーシティーへの取り組みで、経済産業大臣賞は東芝のフィルム型ペロブスカイト太陽電池が受賞した。部門賞グランプリは以下の通り。

「CEATEC AWARD 2021」部門賞グランプリ[クリックで拡大] 出所:JEITA

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.