メディア
ニュース
» 2021年11月18日 14時50分 公開

ルネサスが小規模FPGA市場に参入、0.5ドルでの提供目指すまずはLUTが1K/2K個の製品から

ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2021年11月17日、ローエンドFPGA市場に参入すると発表、併せて同社の新しいFPGA「ForgeFPGA(フォージFPGA)」ファミリーを発表した。従来のFPGAではカバーしきれていない、コスト制約が厳しいアプリケーションに向ける。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2021年11月17日、ローエンドFPGA市場に参入すると発表、併せて同社の新しいFPGA「ForgeFPGA(フォージFPGA)」ファミリーを発表した。従来のFPGAではカバーしきれていない、コスト制約が厳しいアプリケーションに向ける。

 既存のFPGAや他のデバイスに比べ、大幅にコストを削減できるようにすることが狙いで、低コストが要求される民生機器やIoT(モノのインターネット)製品などに向け、0.5米ドル以下の低価格帯で販売する計画だ。

小規模FPGAの「ForgeFPGA」[クリックで拡大] 出所:ルネサス エレクトロニクス

 ForgeFPGAが対象とするのは、5000ゲート以下のロジックセルを必要とする用途。第1弾としてLUT(ルックアップテーブル)が1000個(1K)および2000個(2K)の製品を計画している。これらの製品では、待機時の消費電流が20μA以下になる見込みで、超低消費電力を実現できるとする。1K品のサンプルとβ版開発ツール、プロトタイプの開発キットは入手可能だ。1K品の発売と量産は、2022年第2四半期を予定している。

 開発環境は、FPGAの開発経験に合わせて選択できる2つのモードを用意した。1つ目は、FPGA開発で豊富な経験を持つ設計者に向け、Verilog環境を提供する「HDLモード」。2つ目は経験が浅い設計者に向けた「マクロセルモード」で、これは回路図のキャプチャーをベースにした開発フローを採用したモードだという。どちらのモードの開発ツールも、ライセンス料なしの無償で提供する。

 ForgeFPGAは、ルネサスが2021年8月に買収したDialog Semiconductorが、2017年に買収した小規模FPGAメーカーの旧Silego Technologyのチームによって開発された。Dialog Semiconductorのプログラマブルデバイス「GreenPAK」もSilego Technologyが開発した製品で、ForgeFPGAは、このGreenPAKと同じビジネスモデルとインフラを使用して、アプリケーションサポートを提供するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.