メディア
連載
» 2021年11月30日 10時30分 公開

GIGAスクール構想だけでは足りない、「IT×OT×リーガルマインド」のすすめ踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(16)STEM教育(4)(7/10 ページ)

[江端智一,EE Times Japan]

GIGAスクール構想のトラブルは、「起こるべくして起きた」

 そもそも、GIGAスクール構想におけるトラブルは、「起こるべくして起きた」のです。理由は、教育用のITシステムを全体として俯瞰し、監視、管理、運営する主体「トラブルシュータ」が存在しなかったことにあります。

 もちろん、このような問題が起きないように準備しておく必要もありますし、問題が発生したら即座に対応する体制作りも必要ですが、これは、これから10年間くらいかけて作っていく必要があります。

 また、システムの不備や問題点があったとしても、子どもや大人に関係なく、違法行為は違法行為であって、その報いを(自分だけでなく、親、教師も)受けることがあることを教えておく必要もあります。

 ですから、GIGAスクール構想では、ITとOTの他に、リーガルマインド(遵法精神)も併せて教える必要があるのです。

あなたのことは全て「バレている」

 ところで、IT教育で最初に教えるべきことは、『ネットワークを使った段階で、自分のことは他人に全てバレている』ということだと思っています。

 例えば、私の場合であれば、

  • 江端が、何曜日の何時ごろから、エロサイトの巡回を始めるか
  • 江端が、どんなエロを嗜好しているか。ロリコンなのか、鬼畜なのか、近親相姦、BLなのか
  • 江端がどんな媒体のエロを望んでいるのか。写真なのか、動画なのか、アニメなのか、マンガなのか。

というのは、全部他人にバレている、と腹をくくっています(筆者のブログ)。

 なぜ、私がそう思えるかというと、その実現手段(ハッキング(クラッキング))が頭の中でイメージできるからです ―― そして、実際、それ(ハッキング(クラッキング))はそんなに難しくないのです。

 ラズパイにカーネルをインストールするだけの技量の持ち主であれば、真剣に1年くらい勉強すれば、独学で、ざっくりしたハッキング(クラッキング)手法は、履修できると思います。間違いなくTOEICよりはラクです(江端私感)。

 話を戻しますが、『ネットワークを使った段階で、自分のことは全てバレている』を実感するには、座学ではだめで、サーバのアクセスログに、自分のコンピュータの情報や、自分の名前、検索キーが全部記録されていることを、見せつけるだけで十分です ―― 子どもたちは、その事実だけで、青冷めてしまうことでしょう。

 つまり、自分たちが使い倒しているモノ(コンピュータやネットワーク)について、自分たちが、いかに無知(ナイーブ)であるか、を実感することで、「リーガルマインド」の履修は一気に進むと思うのです。このような方法を使わない手はありません。

 つまり、ITとOTの恐怖を子どもたちにたたき込んだ上で、さらに、サイバー攻撃の具体的な手法を学ばせることによって、「国家安全保障としての"IT"と"OT"と"リーガルマインド"教育」を完成させるのです。

私たちは既に“武器(=スマホやパソコン)”を手にしている

 もちろん、私の提案に対して、山のような突っ込み来るだろうことは、この時点で分かります。「子どもたちに犯罪の手口を教えて、犯罪予備軍にしてどうする」というのは、至極まっとうな意見です。

 我が国は、「銃に触れただけで犯罪になる」という法律を制定し運用することで、世界で最も安全で安心な国家として国際的に認められています。そして、暴力装置(警察、自衛隊)は、その暴力の発動条件や限界を、きっちり法律で規定しています。

 故に、ハッキング(クラッキング)に関しても、わざわざ子どもたちに教える必要はない、というのはもっともな意見ですが ―― 私たちは、もう、既に「銃を携行している」状態なのです。スマホやパソコンは、攻撃される対象であると同時に、他の国のシステムを攻撃できる、立派な自衛の武器であり戦闘兵器です。

 サイバー攻撃は、特殊な装置や高価な機材を必要としません。パソコンと、それをオペレーションする技術を有する人間がいれば足ります。そして、今や世界は、全員が攻撃兵器を所有している状態なのです。

 皆さんの多くは、「また江端が話を盛ってやがるぜ」と思っているかもしれませんが、もし、これがデタラメである思うのであれば、実際に、前述の様に1年間くらい真面目に勉強をしてみてください。私がウソをいっていないことが分かるはずです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.