メディア
ニュース
» 2022年01月19日 10時30分 公開

TDK、MLCC製造用のPETフィルムをリサイクル化リサイクル品の使用比率を20%に

TDKは、積層セラミックコンデンサー(MLCC)の製造工程で用いられるPET(ポリエチレンテレフタラート)フィルムを再利用するためのリサイクルシステムを構築した。今後、リサイクルPETフィルムの使用率を高め、廃棄物やCO2排出量のさらなる削減に取り組む。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

廃棄物やCO2排出量のさらなる削減に貢献

 TDKは2022年1月、積層セラミックコンデンサー(MLCC)の製造工程で用いられるPET(ポリエチレンテレフタラート)フィルムを再利用するためのリサイクルシステムを構築したと発表した。今後、リサイクルPETフィルムの使用率を高め、廃棄物やCO2排出量のさらなる削減に取り組む。

 MLCCの製造工程では通常、表面に特殊処理を施したPETフィルムを用いて、誘電体ペーストを塗布する。使用済みのPETフィルムはこれまで、サーマルリサイクルをされるか焼却処分となっていた。

 新たに開発し導入を決めたPETフィルムのリサイクルシステムは、これまで廃棄されていたPETフィルムの表面を洗浄し、PET樹脂(ペレット状)に戻した後、協業先である東レが製膜化を行う。再生したフィルムはTDKが調達し、特殊処理を行ってMLCCの製造工程で再利用する。

MLCCの製造プロセス。上図がシート形成工程、下図がプレス工程[クリックで拡大] 出所:TDK

 PETフィルムのリサイクルシステムは、2022年1月から関連する工場に順次導入し、MLCC向けリサイクルPETフィルムの再利用を始める。リサイクルPETフィルムは、従来のPETフィルムに比べ、CO2排出量を約10%削減することができるという。リサイクルPETフィルムはMLCC以外の製品にも活用していく予定で、その使用比率を20%まで引き上げていく。

PETフィルムのマテリアルフロー。左が変更前、右が変更後[クリックで拡大] 出所:TDK

 TDKグループは、「TDK環境ビジョン2035」の中で「ライフサイクル的視点での環境負荷の削減をテーマに、2014年度を基準として2035年度までにCO2排出量原単位を半減」するという目標を掲げている。今回の取り組みもその一環である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.