メディア
ニュース
» 2022年01月24日 09時30分 公開

三菱ケミカル、極低誘電損失のフィルムを開発ミリ波帯5Gなど高周波通信向け

三菱ケミカルは、ミリ波帯5G(第5世代移動通信)やBeyond 5Gなど高周波通信機器向けに、誘電損失が極めて小さいフィルムを開発した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

誘電正接は0.001以下、従来品に比べ伝送ロスを半減

 三菱ケミカルは2022年1月、ミリ波帯5G(第5世代移動通信)やBeyond 5Gなど高周波通信機器向けに、誘電損失が極めて小さいフィルムを開発したと発表した。

 低誘電損失フィルムは、これまで蓄積してきた材料設計や合成のノウハウを生かして開発。誘電体内での電気エネルギー損失の度合いを示す誘電正接を0.001以下に抑えた。ミリ波帯(28GHz)を利用した5Gシステムにおける伝送ロスを、従来品に比べ約半分に減らすことが可能になるという。

開発した低誘電損失フィルムの概要[クリックで拡大] 出所:三菱ケミカル

 透明性や耐熱性が高く、銅密着性にも優れており、電子回路基板やアンテナ基板、外装材などの用途に向ける。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.