メディア
ニュース
» 2022年02月02日 16時45分 公開

2021年の半導体購入額、上位10社の合計は前年比25%増首位はApple、Huaweiは後退

Gartnerは2022年2月1日(米国時間)、主要電子機器メーカーによる2021年の半導体消費に関する調査結果(速報値)を発表した。それによると、上位10社の半導体購入額は前年比(2020年比)で25.2%増加し、世界の半導体消費全体の42.1%を占めるという。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 Gartnerは2022年2月1日(米国時間)、主要電子機器メーカーによる2021年の半導体消費に関する調査結果(速報値)を発表した。それによると、上位10社の半導体購入額は前年比(2020年比)で25.2%増加し、世界の半導体消費全体の42.1%を占めるという。

 Gartnerのアナリストでディレクターの山地正恒氏はリリースで「2021年、半導体ベンダーは半導体チップの出荷量を増加したが、主要電子機器メーカーによる半導体需要はベンダーの生産能力をはるかに上回るものだった」と述べている。

 半導体不足は、チップ単価の大幅な上昇も招いた。Gartnerによれば、特定用途向け半導体などのチップは平均単価が15%以上も上昇したという。「半導体不足により、主要電子機器メーカーの二重発注やパニック買いが加速し、半導体消費が急増した」と山地氏はリリースで説明している。

世界の電子機器メーカー上位10社による半導体消費【速報値/デザインTAMベース】(単位:百万米ドル)
2021年
順位
2020年
順位
メーカー名 2021年 2021年
シェア
2020年 成長率
(2020年比)
1 1 Apple 68,269 11.7% 54,180 26.0%
2 2 Samsung Electronics 45,775 7.8% 35,622 28.5%
3 4 Lenovo 25,283 4.3% 19,023 32.9%
4 6 BBK Electronics 23,350 4.0% 14,258 63.8%
5 5 Dell Technologies 21,094 3.6% 16,814 25.4%
6 8 Xiaomi 17,251 3.0% 10,254 68.2%
7 3 Huawei 15,382 2.6% 22,710 ▼32.3%
8 7 HP 13,789 2.4% 10,745 28.3%
9 9 鴻海精密工業 8,855 1.5% 7,387 19.9%
10 10 HPE(Hewlett Packard Enterprise) 6,736 1.2% 5,395 24.8%
その他 337,695 57.9% 269,849 25.1%
合計 583,477 100% 466,237 25.1%
出所:Gartner

 2021年の半導体購入額ランキングの首位はApple。Gartnerによれば、同社の2021年の半導体消費はメモリが前年比36.8%増、メモリ以外は20.2%増となった。Appleは自社設計のアプリケーションプロセッサに移行していることから、マイクロプロセッサの需要は減少したという。

 2位はSamsung Electronicsで、2021年の半導体消費はメモリが前年比34.1%増、メモリ以外は23.9%増となった。

 これに対し大きく購入額を落としたのがHuaweiだ。同社の購入額は153億8200万米ドルで前年比で32.3%の減少となった。ランキングは2020年の3位から、7位へと後退した。代わって、BBK ElectronicsやXiaomiといった中国系スマートフォンメーカーの半導体購入額増加が目立つ。両社とも半導体消費額は2020年比で60%増以上になっている。

 なお、今回の数値は全て速報値で、最終値は例年通り2022年3〜4月に確定する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.