メディア
ニュース
» 2022年03月16日 10時30分 公開

次世代HD-PLC、TTC標準JJ-300.20の認定受けるIoT向け有線通信プロトコルの1つに

パナソニックは、情報通信技術委員会(TTC)の定める「TTC標準JJ-300.20」として、次世代HD-PLC技術が認定されたと発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

周波数帯域の切り替えで、通信の高速化と長距離化を可能に

 パナソニックは2022年3月、情報通信技術委員会(TTC)の定める「TTC標準JJ-300.20」として、次世代HD-PLC技術が認定されたと発表した。国内のIoT(モノのインターネット)向け有線通信プロトコルの1つとして、HD-PLCの物理層(PHY)とメディアアクセス層(MAC)の仕様が規定されたことになる。

イメージ

 パナソニックが提唱する高速電力線通信方式「HD-PLC」の次世代技術は、通信の高速化と長距離化を切り替える機能を備えている。2M〜28MHzの周波数帯域を用いる標準モードをベースとして、高速通信時は帯域を2倍または4倍に拡張することで、最大1Gビット/秒の通信速度を実現できる。一方、通信距離を延ばしたい時は、帯域を2分の1または4分の1に縮小することで、その距離は最大約2倍となる。

 これらの特長に加え、電力線をはじめ同軸線や制御線など、さまざまなメタル線を用いることができる。このため、ビルや工場におけるエネルギー管理や映像伝送などの用途にも活用できるという。

 パナソニックは、認定された次世代HD-PLCに対応する「半導体IPコア」のライセンス供与を始めており、2022年度中には複数の半導体メーカーより、対応するLSIが出荷される予定となっている。また、HD-PLCアライアンスなどを通じて、機器間における相互接続性の確保にも努めていく計画である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.