メディア
ニュース
» 2022年04月13日 13時30分 公開

NXP、車載レーダーセンサー向け開発キットを発表開発の期間短縮とコストを削減

NXP Semiconductorsは、車載レーダーセンサーの性能強化に向けた「Premium Radarソフトウェア開発キット(PRSDK)」を発表した。2022年内にもレーダーシステムの評価用として供給を始める。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

干渉の軽減、MIMO波形の最適化、角度分解能の強化を可能に

 NXP Semiconductorsは2022年4月、車載レーダーセンサーの性能強化に向けた「Premium Radarソフトウェア開発キット(PRSDK)」を発表した。2022年内にもレーダーシステムの評価用として供給を始める。

 PRSDKは、「干渉の軽減」「MIMO波形の最適化」「角度分解能の強化」を可能にする最新のソフトウェアアルゴリズムと、S32R4xレーダープロセッサファミリーを組み合わせている。これにより、高い性能を実現するレーダーセンサーの開発期間短縮と開発投資の軽減を可能にした。

 自動運転車は高いレベルへの移行が加速している。これに伴い、車載レーダーセンサーの搭載数も増え、そのほとんどが77G〜79GHz帯で動作する製品になると予測されている。このためレーダーの干渉は課題の1つでもある。また、解像度の向上や検知距離の延長といったセンサーの性能向上に対しては、MIMO波形を最適化することが有効な手段になるという。

車載レーダーセンサーの応用イメージ 出所:NXP

 自動車メーカーやTier 1に、NXPが提供する評価オプションは2種類ある。1つは「MATLABベースのバージョン」である。コードがコンパイル済みのアルゴリズムで、開発者はカスタマーテストベクターを用い、出力ベクターの計算と可視化を行うことでPRSDKの動作を理解できるようにした。

 もう1つはビット精度を提供する「MCUベースの評価オプション」である。付属のアルゴリズムバイナリファイルを用い、NXPのターゲットレーダープロセッサ評価ボード上でPRSDKのリアルタイム性能を試すことができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.