メディア
ニュース
» 2022年01月19日 13時30分 公開

スマートホーム共通規格「Matter」対応トライラジオSoCWi-Fi 6、Bluetooth 5.2、Threadの同時接続に対応

NXP Semiconductors(以下、NXP)は2022年1月4日(米国時間)、異なるスマートホーム製品間の相互接続を実現する新共通規格「Matter」に対応したトライラジオデバイス「IW612」を発表した。Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、IEEE 802.15.4の3つの無線方式の通信を同時に行えるもので、Matter対応製品の開発時間やコストの削減および設計の簡素化を実現するとしている。

[永山準,EE Times Japan]

 NXP Semiconductors(以下、NXP)は2022年1月4日(米国時間)、異なるスマートホーム製品間の相互接続を実現する新共通規格「Matter」に対応したトライラジオデバイス「IW612」を発表した。Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、IEEE 802.15.4の3つの無線方式の通信を同時に行えるもので、Matter対応製品の開発時間やコストの削減および設計の簡素化を実現するとしている。

新共通規格「Matter」、NXPもボードメンバーとして参加

 同社によると、現在、企業はスマートホーム向けにさまざまなIoTデバイスを開発/展開しているが、「各社が独自のプロトコルを使用しているため相互に連携できない」「サポートしている無線機能が製品によって異なるため物理的につながらない」といった課題があるという。

 Matterは、この課題を解決するため、標準化団体「CSA(Connectivity Standards Alliance、旧ZigBee Alliance)」が策定した新規格で、スマートホームデバイスの相互接続を実現するインターネットプロトコル(IP)ベースの統一プロトコルだ。Wi-FiやBluetooth、Threadなど異なる無線方式であっても各デバイスを連携でき、「ユーザーは単一プロトコルエコシステムの制約から解放され、さまざまなエコシステムやワイヤレスネットワーク技術を横断するシームレスな相互運用性のメリットを得られるようになる」(NXP)としている。

Matterとは[クリックで拡大] 出所:NXP

 CSA(当時はZigBee Alliance)は2019年にスマートホーム製品間の互換性を高めるための新たな接続規格を開発するワーキンググループ「Project Connected Home over IP」を立ち上げており、Matterはその成果として2021年5月に発表された。CSAには、AmazonやApple、Googleなど200社超が参加しており、NXPもボードメンバーとして「先行して仕様策定などに関わってきた」という。

3つの無線方式に対応した「業界初」の無線通信デバイス

トライラジオデバイス「IW612」の評価ボード 出所:NXP

 今回、NXPが発表したIW612は、このMatterに対応し、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、Threadの3つを「業界で初めて」(同社)統合したトライラジオデバイスであり、「内蔵のWi-Fi 6無線を使用しThreadやBluetooth機器をクラウドに接続する必要のあるスマートホーム内のボーダールーター、ブリッジ、ゲートウェイに最適だ」としている。

 また、Wi-Fi、Bluetooth、Threadで同じ2.4GHz帯を同時に使用する場合などでも、お互いが干渉しないようにする「内部/外部マルチ無線オペレーション向けの先進共存機能」を有するほか、実行中の保護機能のためのセキュアな起動/デバッグ/Over-the-Air(OTA)ファームウェアアップデート、WPA3セキュリティ、ハードウェア暗号化エンジンといったセキュリティ、同社の広範なマイクロプロセッサ/マイクロコントローラー製品ポートフォリオへの事前検証済み接続、なども特長として挙げている。

左=IW612の利点/右=IW612のスペック詳細[クリックで拡大] 出所:NXP

 また、低ノイズアンプ(LNA)、高出力パワーアンプ、スイッチなども内蔵しており、BOMとフットプリントの低減やRF設計の簡略化、購入部品点数の削減も実現できる。

Matter向けプラットホームソリューションの例。下部、TOMORROWとあるのがIW612を用いた例で、従来の製品によるソリューション(TODAYとある部分)ではWi-Fi、Bluetooth、Threadの3つに対応するには2つのチップが必要だったのを1つに統合。省スペース化や低コスト化を実現するとしている[クリックで拡大] 出所:NXP

 IW612は既にサンプル出荷を開始している。同社は、「IW612だけでなく、NXPではローエンドからハイエンドまでのプロセッサ、セキュリティ、コネクティビティなど広範な製品があり、Matter実現においてトータルソリューションを提供できる」としている。

NXPは「CES 2022」においてIW612を紹介した。これは展示したデモの構成図だ[クリックで拡大] 出所:NXP

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.