メディア
ニュース
» 2022年06月06日 10時30分 公開

半導体製造装置1〜3月販売額は前年同期比5%増2022年第1四半期は247億米ドル

SEMIは2022年第1四半期(1〜3月)の半導体製造装置(新品)販売額が247億米ドルになったと発表した。前年同期(2021年第1四半期)に比べ5%の増加、前期(2021年第4四半期)比で10%の減少である。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

北米と欧州は好調、地域内で製造能力強化を推進

 SEMIは2022年6月1日(米国時間)、2022年第1四半期(1〜3月)の半導体製造装置(新品)販売額が247億米ドルになったと発表した。前年同期(2021年第1四半期)に比べ5%の増加、前期(2021年第4四半期)比では季節変動もあり10%の減少になった。

 半導体製造装置の販売額を地域別にみると、最大市場の中国市場は75億7000万米ドルとなり、前年同期比で27%増、前期比では7%減となった。これに続く韓国市場は51億5000万米ドル、台湾市場は48億8000万米ドルで、いずれも前年同期比、前期比ともにマイナス成長になった。こうした中で、北米市場と欧州市場は、いずれも高い伸びを示した。

地域別の四半期装置販売額(単位は10億米ドル) 出所:SEMI

 SEMIのプレジデント兼CEOを務めるAjit Manocha氏は、第1四半期の半導体製造装置の販売額が前年同期比で成長している要因について、「半導体業界が生産能力の旺盛な拡大を継続している中で、2022年のプラス成長予測に沿ったもの。地域内での半導体製造力強化を推進している北米と欧州は前期比でも好調な伸びを記録した」とコメントした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.