メディア
ニュース
» 2022年05月11日 10時30分 公開

シリコンウエハー市場、四半期ベースで過去最高に2022年第1四半期の出荷面積

SEMIは、2022年第1四半期(1〜3月)における世界シリコンウエハー市場について発表した。出荷面積は36億7900万平方インチとなり、四半期ベースで過去最高値を更新した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

過去最高であった2021年第3四半期の実績を上回る

 SEMIは2022年5月2日(米国時間)、2022年第1四半期(1〜3月)における世界シリコンウエハー市場について発表した。出荷面積は36億7900万平方インチとなり、四半期ベースで過去最高値を更新した。

 半導体デバイス市場はあらゆる分野で拡大を続けている。このため、シリコンウエハーの出荷面積も2022年第1四半期は、前期(2021年第4四半期)に比べて1%の増加となった。前年同期(2021年第1四半期)に比べると10%の増加である。四半期ベースで過去最高を記録した2021年第3四半期のウエハー出荷面積をも上回る結果となった。

四半期ベースの半導体用シリコンウエハー出荷面積推移(単位:100万平方インチ) 出所:SEMI

 SEMI SMG(Silicon Manufacturers Group)会長でOkmeticの最高商務責任者を務めるAnna-Riikka Vuorikari-Antikainen氏は、「シリコンウエハーの供給は依然としてひっ迫している。今後も新たな半導体工場計画が進められる中で制約が続く可能性がある」とコメントした。

 今回発表した数値は、SEMI SMGによるシリコンウエハー業界の分析結果に基づいたデータである。ウエハーメーカーがエンドユーザーに出荷したバージンテストウエハー、エピタキシャルウエハーを含むポリッシュドウエハーとノンポリッシュドウエハーを対象に集計した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.