メディア
ニュース
» 2022年06月21日 10時30分 公開

ソニー、イメージセンサーのデモを公開(産業/モバイル用)SWIRなどユニークな技術を披露(3/3 ページ)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

全画素でオートフォーカスを実現

 モバイル向けでは、HDR(ハイダイナミックレンジ)と高速AF(オートフォーカス)を組み合わせた「Octa PD」方式を採用したCMOSイメージセンサーのデモを行った。AFについては、撮像用の画素全てをオートフォーカスに使用できる「全画素オートフォーカス」を実現している。これにより、撮像用画素の一部(3%)のみを使用する一般的な方式のAFに比べ、高速かつ高性能なAFが可能になる。

 デモでは、逆光が差し込む室内を想定して人形をセットし、全画素オートフォーカスと高性能なHDRを示した。

左=デモの構成/中央=HDRがオフの場合。明るい外の映像は白飛びして、見えなくなってしまう/右=HDRをオンにした場合。外の東京タワーがはっきりと写っている。フォーカスも瞬時に合わせることができた[クリックで拡大]

 同センサーは、量産品に搭載されている。

エッジAI向けのセンシングプラットフォーム

 ソニーセミコンダクタソリューションズは、ここ数年、ソリューション事業に注力している。その一つが、エッジAI(人工知能)センシングプラットフォーム「AITRIOS(アイトリオス)」だ。AITRIOSは、主に小売業や工場などをターゲットとしたソリューション開発のためのプラットフォームで、カメラ、ダッシュボードおよびクラウドサービスなどを提供する。

 カメラには、AI処理機能を搭載したビジョンセンサー「IMX500」を使用していて、カメラ内部でデータ処理を行い、必要な情報のみ、テキストでクラウドにアップロードする。そのため、データ量も消費電力も少なくて済むというメリットがある。

 デモでは、スーパーマーケットの内部を想定。商品棚に1台、天井に4台と計5台のカメラで店内を撮影し、客の軌跡や、手に取った商品、商品棚の在庫などがリアルタイムで把握できる様子を示した。

左=「AITRIOS」のデモルームの様子。中央の商品棚、上部にカメラが設置されている/右=店内にいる客の人数などがリアルタイムで分かるようになっている[クリックで拡大]
左=商品棚のカメラで撮影している映像は、このように見える。客が商品を購入して棚の商品数が変わると、ダッシュボードにリアルタイムで反映される/中央=商品棚の在庫がゼロになると、リアルタイムで通知される/右=AITRIOS用アプリの一例。これらのアプリはサードパーティーが開発している。ソニーはこうしたアプリ開発者を含め、パートナーを増やして、AITRIOSのエコシステムを拡張を目指す[クリックで拡大]
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.