メディア
ニュース
» 2022年10月20日 11時00分 公開

照明用半導体レーザー、2030年に8755億円規模へ矢野経済研究所が世界市場を調査

矢野経済研究所は、照明に用いられる半導体レーザーの世界市場を調査し、その一部を発表した。出荷金額(メーカーの出荷ベース)は、2022年の5897億1000万円に対し、2030年には8755億円規模になると予測した。

[馬本隆綱EE Times Japan]

高速大容量通信が可能で、秘匿性も高い光無線通信技術「Li-Fi」

 矢野経済研究所は2022年10月、照明に用いられる半導体レーザーの世界市場を調査し、その一部を発表した。出荷金額(メーカーの出荷ベース)は、2022年の5897億1000万円に対し、2030年には8755億円規模になると予測した。

 今回の調査は、照明に用いられる端面発光/面発光の可視光半導体レーザーを対象とした。その主な応用機器は、レーザーポインターや墨出し器、車載用ヘッドライト、プロジェクター、照明器具および、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)などである。調査期間は2022年5〜9月。

 レーザー照明の世界市場規模をユニット数でみると、2022年の1084万ユニットに対し、2030年には2413万6700ユニットに拡大すると予測した。半導体レーザーユニットを搭載した家庭用照明器具の普及によって、当面は市場も拡大する。普及率が高まるのに伴い、成長率は横ばいとなるが、レーザーポインターや墨出し器といったその他機器への搭載は今後も続くとみている。

レーザー照明の世界市場規模推移予測(クリックで拡大) 出所:矢野経済研究所

 矢野経済研究所は、今後の注目分野として光無線通信技術のLi-Fi(Light Fidelity)を挙げた。光を利用してデータを相互通信するLi-Fiは、高速大容量通信が可能である。可視光の照射範囲内だけで通信を行うため、秘匿性が高い。光を遮ると通信は遮断される。近年は受信デバイスを内蔵したタブレット端末なども販売されているという。スマートフォンなどに後付けのLi-Fiカバーを取り付けると通信が可能となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.