メディア
ニュース
» 2023年03月16日 10時30分 公開

AR/VRヘッドセット国内市場、2022年は34万台2021年に比べ3.3%の増加

IT専門調査会社であるIDC Japanは、AR/VRヘッドセットの国内市場について、2022年の出荷台数を発表した。これによると、2021年に比べ3.3%増加し、出荷台数は34万台となった。

[馬本隆綱EE Times Japan]

ARヘッドセット市場は、2021年に比べ102.7%増

 IT専門調査会社であるIDC Japanは2023年3月13日、AR/VR(拡張現実/仮想現実)ヘッドセットの国内市場について、2022年の出荷台数を発表した。これによると、2021年に比べ3.3%増加し、出荷台数は34万台となった。

 今回発表したデータは、IDCが発行する「IDC Quarterly Augmented and Virtual Reality Headset Tracker」に基づいたもの。ARヘッドセット市場は2021年と比較し、102.7%増の4万台となった。国内市場はこれまで、法人向けが中心となっていたが、新たにNrealやRokidなどのコンシューマー向け製品が大きく伸びたという。中でも価格が5万円以下というNrealの製品が需要をけん引した。それに対し法人向け製品は、利用者が一部の企業にとどまるなどして、需要は減退した。

 VRヘッドセット市場は、2021年に比べ1.6%増の30万台となった。Metaの「Quest 2」は発売から1年が経過、製品価格の値上げなどもあって「消費者が購入を控えた」とIDCは分析している。2023年については、ソニーやMetaが新製品を発売する予定もあり、大幅な成長を見込んでいる。

2022年四半期別の国内出荷台数2022年四半期別の国内出荷台数 2022年四半期別の国内出荷台数。左がARヘッドセット、右がVRヘッドセット。単位は1000台[クリックで拡大] 出所:IDC

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.