メディア
ニュース
» 2013年03月15日 09時30分 公開

ソニーは再び輝けるか、復活支える名機と一流技術(前編)フォトギャラリー(4/5 ページ)

[Junko Yoshida,EE Times]

 ソニーは、Philipsと共同でCDを開発したが、デジタルオーディオに関しては自社で開発を手掛けている。

 米国の市場調査会社であるEnvisioneering Groupでディレクタを務めるRichard Doherty氏は、「電話機やタブレット端末のスピーカーから、ヘッドフォン、サウンドバー、スピーカー、ホームシアターシステム(HTIB:Home Theater in a Box)、劇場向けサウンドシステムに至るあらゆるデジタルオーディオ機器において、ソニーのオーディオ技術は突出している。その良い例が、『ドルビーデジタル5.1サラウンドサウンド』のマイクを内蔵したHDビデオカメラだ。ドルビー5.1サラウンドサウンドで録音した周囲の音声を、ホームシアターサラウンドサウンドシステムで正確に再現することができる」と述べている。

 Doherty氏は、ソニーのデジタルオーディオ技術が卓越していることを示すもう1つの例として、フィードバック方式のデジタルノイズキャンセリング機能を搭載した「MDR-NC500D」などのヘッドフォンを挙げている。MDR-NC500Dは、飛行機内の騒音、電車やバス車内の騒音、雑踏といったモードがあり、周囲の環境に合わせてノイズキャンセリングのモードを自動的に選択するようになっている。

出典:ソニー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.