メディア
ニュース
» 2015年06月08日 10時15分 公開

1.5μm帯レーザー光による光衛星通信に成功、誤り訂正も正常に機能通信技術(2/2 ページ)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

エラーなしで写真データを復号

 今回の実験では、大気ゆらぎなどによるデータ消失や伝送エラーに対して、誤り訂正符号(LDGM)方式が、正常に機能することも実証した。地上局と衛星間で光通信を行う場合、大気の屈折率変化によって通信光の大気ゆらぎが発生して、通信データの欠損などが生じることがある。これを解決する方法の1つが誤り訂正符号である。

 誤り訂正符号は、データを送信する際に、パリティと呼ぶ付加情報をあらかじめデータに追加して送信、受信局側で誤りを訂正して正常なデータを復元する仕組みだ。SOTAには、一般的なリードソロモン(RS)符号に加えて、LDGM(Low-Density Generator Matrix)符号が搭載されている。LDPC(Low-Density Parity Check)符号の一種だが、符号化演算に必要な演算時間が少なくて済むという。

 SOTAによる衛星実験では、衛星機で撮影した写真データにLDGM符号を施して送信し、地上局側で大気ゆらぎなどの影響による誤りを訂正したところ、エラーなしで写真データを復号できることを実証した。

大気ゆらぎなどによるデータ消失や伝送エラーに対して、誤り訂正符号(LDGM)方式が、正常に機能することも実証した (クリックで拡大) 出典:情報通信研究機構

 NICTは、今後の取り組みとして、さまざまな応用実験の実施や実用システムの開発を行っていく。また、SOTAに注目している海外の関連研究機関に対して、実験参加の機会を提供しつつ、研究成果の拡大を図っていく計画である。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.