メディア
ニュース
» 2015年06月24日 18時05分 公開

焦りは禁物、でも大胆に――ルネサスの成長を託された遠藤新会長が会見M&Aで競合に先を越され続けているけれど(3/3 ページ)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

モチベーション低下「打ち破る」

 ルネサスが今後、成長を目指していく上でのもう1つの課題が社員のモチベーションだ。経営再建に向けた度重なるリストラで社員の士気が低下しているとの懸念だ。遠藤氏も「社員は、ここ数年間、リストラ、赤字という“引き算の世界”にいた。それを“足し算の世界”にマインドを切り替えるのは相当なチャレンジだ」と認める。

 「(ルネサスの母体である)日立、三菱、NECといえば、(在籍した)IBMからみれば、かなり強い競合。そこの半導体部門の社員といえば、3企業の中でもエリート集団といイメージだった。実際、ルネサスに入ってみて、大変、素晴らしい人材が思った通りいた。3社が一緒になっても融合できないという懸念もあるが、おかげさまで倒産の危機まで経験した会社であり、社内で一体感が生まれている。残念ながら、リストラ等々で、モチベーション、アグレッシブさが失われた部分は、私が気合いを入れて、楽しく、組織を活性化させることで、打ち破っていきたい」と抱負を語った。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.