メディア
ニュース
» 2015年08月14日 12時30分 公開

Samsung、新機種投入もモバイル部門の低迷続く「Galaxy S6 edge+」「Note5」を発表(2/2 ページ)

[Jessica Lipsky,EE Times]
前のページへ 1|2       

プロセッサは14nmのオクタコア「Exynos」

 発表前には、「新機種のうち少なくとも一方にはQualcommのSoC『Snapdragon』が搭載されるのではないか」といううわさもあったが、実際は両機種ともSamsungのアプリケーションプロセッサとLTE対応モデムを搭載している。

 新機種には、「Galaxy S6」と「Galaxy S6 Edge」と同じ、14nmプロセスで製造したアプリケーションプロセッサ「Exynos」が搭載されている。64ビットのオクタコアプロセッサ(動作周波数が2.1GHzのクアッドコア+同1.5GHzのクアッドコア)である。

 その他の主な仕様としては、

  • OSはAndroid 5.1(Lollipop)
  • メインメモリは4Gバイト、容量は32Gバイト/64Gバイト
  • ディスプレイは約5.7型スーパーAMOLED(有機EL)で、Galaxy S6 edge+は両端までディスプレイがある
  • ディスプレイ解像度は1440×2560ピクセル(518ppi)
  • 電池容量は3000mAh(2時間でフル充電が可能)

となっている。

photophoto Galaxy S6 edge+用のキーボード付きカバー(左)。Galaxy Note5のペンは押して取り出せるようになっている(クリックで拡大)

モバイル分野の落ち込み激しく

 Samsungは2015年7月に、第2四半期(4〜6月期)の連結決算を発表している。それによると、売上高は48兆ウォン(約5兆円)で前年同期比8.3%減。営業利益は6兆9000億ウォンで同4%減だった。特にモバイル部門の落ち込みは激しく、前年同期比で38%減となる2兆7600億ウォンに減少している。

 TrendForceのスマートフォン市場アナリストであるAvril Wu氏によると、2015年のスマートフォン出荷台数は横ばいになるという。Galaxy S6 edge+のような最先端のスマートフォンがターゲットとする先進国の市場では、既に飽和状態になりつつある。

Samsung Payも発表

 スマートフォンの差異化を図るべく、Samsungは新しいモバイル決済システム「Samsung Pay」も併せて発表した。Samsung PayはNFC(近距離無線通信)と、「Magnetic Secure Transmission*)」を採用している。Samsung Payは、2015年9月から米国で使えるようになる。

*)Samsungが2015年に買収した米国LoopPayの技術。磁気ストライプの情報を非接触で決済できる。クレジットカードや、店舗のポイントカードなどの情報をスマートフォンにあらかじめインプットさせておけば、カードを使わずに決済が行えるという。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.