メディア
連載
» 2015年09月29日 09時00分 公開

部分痩せは可能なのか? (後編)世界を「数字」で回してみよう(20) ダイエット(8/9 ページ)

[江端智一,EE Times Japan]

付録1:「部分増し」について

 このコラムでは、部分痩せは不可能であると結論付けていますが、「バストの部分増し」は、理屈では可能だと考えています。

 バストとは、つまるところ「胸を含む体の周囲の長さ」のことです。そして乳房の部分には筋肉がなく、ほとんど脂肪だけで構成されています。ならば、乳房ではなく、乳房を載せる土台の方を、後発的に大きくすれば良いのです。

 しかし、自分の意思で骨の形を変化させるのは不可能と思いますので、筋肉を増強させることになると思います。

 でも、正面のバストの部分だけの筋肉を増やすって……一体、どうやって? 腕や脚は可動部(アクチュエータ)ですから可能だとしても、胸の部分はどうみても稼働可能な部位とは思えません(ウエストとかヒップなら、可動部と言えそうですが)。

 ネットでいろいろ探してみたのですが、私を納得させるような方法は見つけられませんでした(だから、「胸を大きくする方法」を論じている著者は、『○○運動』だけでなく、そのメカニズムと数値データを ―― 私が、連載当初からずっーと言い続けていることですが ―― 私に分かるように、示してください)。

 私が思い付いた「部分増し」の方法は、これくらいです。

 「腕立て伏せで、大胸筋を大きくする」

付録2:「女性のヒップへの興味のなさ」について

 前編で、私は、女性の「ヒップへの関心の低さ」指摘していました。これについて簡単に考察してみます。

(江端の考察)

 まず、本コラムの推論によれば、バスト、ウエストには、それぞれブラジャー、スカートという、日常的な測定ツールがあるのに対して、ヒップにはこのような代表的なツールが存在しない、ということが考えられます。

 スカートは、ヒップの測定ツールにもなっているとは思うのですが、その前に「ウエスト」でアラートを上がるので、ヒップの測定ツールとしては認識されにくい、と考えています。

(編集担当Mさんの考察)

 「自分で見えにくい部分だから」というのもあるのかなあ……と思いました。

お腹や胸が、自分の目ですぐに確認しやすいのに対して、お尻って鏡に全身をうつしたりしない限り、確認しにくいので……。

(後輩の考察)

 単に国民性や文化の違いでしょう。

 例えば、ブラジルでは、ヒップへの興味が抜きん出ていると言われています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.