メディア
ニュース
» 2016年03月25日 07時30分 公開

SanDisk、車載/産業向けスマート機能搭載SDカード信頼性と利便性を追求(2/2 ページ)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

セキュリティ、トレーサビリティも強化

 この他、セキュリティやトレーサビリティ、保守性なども向上した。会社名やプロジェクト名などを32バイトのデータとしてプログラミングできるストリング機能、パスワードでカードデータをセキュアに保護するホストロック機能、フラッシュメモリカード内のファームウェアをフィールドでも安全に更新できる機能などが、新たにサポートされた。

 Automotive SDカードは、記憶容量が8/16/32/64Gバイト品を用意している。シーケンシャル書き込み/読み取り速度は最大20Mバイト/秒である。動作温度範囲は−40〜85℃で、AEC-Q100認証も取得した。

 Industrialシリーズは、「Industrial SDカード」「Industrial XT SDカード」及び「Industrial microSDカード」の3タイプを用意した。産業用コンピュータや公共サービス向け装置、医療機器、ロボット、POSシステムを始め、商用ドローンや産業用ゲートウェイ装置、監視カメラなどの用途に向ける。

商用ドローンに搭載されたカメラにIndustrial microSDカードを実装したイメージ

 Industrial XT SDカードは、AEC-Q100認証を除きAutomotive SDカードと同等の仕様である。これに対して、Industrial SDカードとIndustrial microSDカードは動作温度範囲が−25〜85℃となっている。また、Industrial SDカードとIndustrial XT SDカードは、記憶容量が8/16/32/64Gバイト品を用意した。Industrial microSDカードについては動画記録が主な用途なことから、記録容量は32/64Gバイト品の2種類となっている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.