メディア
ニュース
» 2016年04月04日 10時30分 公開

レーザー照射で銅配線を形成、大気中で処理複雑な回路も図面に合わせて照射するだけ(2/2 ページ)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

企業との連携進め、さらに微細配線対応目指す

 大石氏は、プラスチックなどの樹脂基板を用い、軽量・薄型で丸めたり折り曲げたりできるフレキシブルディスプレイの研究も並行して進めている。

レーザー照射した部分のみピンポイントで配線することができる 出典:芝浦工業大学
柔軟性を持つ電子デバイスの開発にも取り組む 出典:芝浦工業大学

 今後は企業などと連携して、より微細な配線の形成やプロセスの精密化などについて検討を重ねていく予定である。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.