メディア
特集
» 2016年04月30日 11時45分 公開

トレックス、シリコンバレーにR&Dセンターを開設コイル一体型DC-DCコンバーターでIoTを狙う(2/2 ページ)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

シリコンバレーR&Dセンター「多くの意義」

TOREX USAのCOO山本智晴氏 TOREX USAのCOO山本智晴氏

 市場氏は、IoTとは切り離せない要素としてビッグデータを挙げ、同市場に関連する売上高の約38%はハードウェアからきていることに言及。トレックスの製品のターゲット市場として大きな可能性があることを示唆した。同氏は「ビッグデータ市場向けには、より高電圧、高電流のDC-DCコンバーターICが必要になる。2016年中には入力電圧が36Vまで可能な製品を発表する予定だ」と述べた。さらに、入力電圧が60Vまで可能な製品の開発も進める。

 TOREX USAのCOO(最高執行責任者)である山本智晴氏は、「シリコンバレーでは、入ってくる情報量が圧倒的に多い。米国の顧客との距離が近くなるなど、R&Dセンターをシリコンバレーに構えることには多くの意義がある」と語った。

「スタートアップやリーディング企業との連携深める」

トレックス社長の芝宮孝司氏 トレックス社長の芝宮孝司氏

 トレックスの社長である芝宮孝司氏はセレモニーで「変化が激しい電子業界において、アナログ電源ICのスペシャリストとして20年以上、この事業を継続してきた。われわれの得意とする低消費電力、小型という特長を生かして、業界に貢献できたと考えている。今回、R&Dセンターをシリコンバレーに開設したことで、現地のスタートアップやリーディング企業との連携を深めつつ、より付加価値の高い製品開発を促進していく」と語った。

取材協力:トレックス・セミコンダクター】

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.