メディア
連載
» 2016年09月09日 09時30分 公開

「SEMICON West 2016」、7nm世代以降のリソグラフィ技術(東京エレクトロン編)福田昭のデバイス通信(87)(2/2 ページ)

[福田昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

EUVリソグラフィのSADPとArF液浸のSAQPを比較

 EUV(極紫外)リソグラフィでは、ハーフピッチ15nmのパターン形成能力をArF液浸リソグラフィと比較してみせた。EUVリソグラフィではSADP(ダブルパターニング)、ArF液浸リソグラフィではSAQP(クオドパターニング)を使用する。

 EUVリソグラフィのSADPでは最初にハーフピッチ30nmのライン・アンド・スペースを形成し、それからラインの側壁に絶縁膜を形成してエッチングによって2分の1にパターンを微細化する。

 パターンの位置ずれ(3σ)はArF液浸が0.9nmであるのに対してEUVは2.4nm、パターンエッジの粗さ(3σ)はArF液浸が1.3nmであるに対し、EUVは2.2nmという結果を示していた。

DSAはライン幅とラインエッジのばらつきがまだ大きい

 誘導自己組織化(DSA)技術とは、高分子(ポリマー)が自発的に規則的な構造を形成するように工夫することで、ライン・アンド・スペースやコンタクトなどのパターンを形成する技術を指す。ポリマーが自発的に構造を形成するので、露光プロセスが存在しない。また解像限界はポリマーの大きさによって決まるので、原理的には7nmや5nmなどの極めて微細なパターンを形成可能である。

 ただし「規則的な構造を自発的に形成する」とはいっても、そのままでは半導体製造工程に使えるパターンにはならない。そこで「ガイドパターン」と呼ぶパターンをあらかじめシリコンウエハーにつくり込んだり(ガイドパターン形成用の露光プロセスが存在することになる)、ウエハー表面の表面エネルギーを制御したりすることで、所望の規則的なパターンを形成するようにポリマーを誘導する。このため、誘導自己組織化(DSA:Directed Self-Assenbly)と呼ばれる。

 DSAの大きな課題は、欠陥の存在によるパターンの破壊である。Rathsack氏は講演で、0.1μm前後の大きさの円錐(コーン)状欠陥が存在すると、パターンがどのように壊れるかをスライドで見せていた。ライン・アンド・スペースを形成するパターンが欠陥付近では、欠陥に向かってパターンが大きく折れ曲がっている。

誘導自己組織化(DSA)のパターン形成に与える欠陥の影響。東京エレクトロンの講演スライドから

 このほか、30nmピッチのライン・アンド・スペースをDSAで形成した結果を見せた。ラインとスペースの寸法均一性は良好だったものの、ライン幅の粗さとライン・エッジの粗さがまだ大きく、課題を残した。

(次回に続く)

「福田昭のデバイス通信」バックナンバー一覧

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.