メディア
ニュース
» 2016年11月25日 11時30分 公開

「地図はここに」 40周年SEMICONが魅せる世界SEMIジャパン代表に聞く(2/3 ページ)

[庄司智昭,EE Times Japan]

3回目を迎える「WORLD OF IOT」

 3回目を迎えるWORLD OF IOTは、IoTに焦点を当てた展示となっており、今回30社以上が新規出展を行うという。インダストリアルIoT/スマートマニュファクチャリング分野では、SAPジャパン、パナソニック、ファナック、コニカミノルタが初出展となる。

 センサー/MEMS分野でも、ソニーセミコンダクタソリューションズ、村田製作所、Analog Devicesなどが新規出展として名を連ねている。

 また、SEMICON Japan 2015では、テスラモーターズジャパンがEV(電気自動車)セダンを展示したことで会場を賑わせた。今回は、トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI(ミライ)」と、rimOnOが開発した布製ボディーのEVが展示される予定だ。

「小さくてカワイイ」を目指すrimOnOのEV 出典:rimOnO

 中村氏は、「他のIoT展は、どちらかと言えばコンシューマー側に焦点を当てた展示会となっている。しかし、半導体製造装置からIoTのアプリケーションまで、サプライチェーンの一連の流れを見ることができるのはSEMICON Japanしかない」と語る。

 製造イノベーションパビリオンは、ムーアの法則を極めていく「More Moore」と、別の機能素子を融合して新たな機能を追加する「More than Moore」の2つのアプローチに分けて、企業や大学が最先端技術の展示を行う。

 持続可能なモノづくりパビリオンは、IoT時代に需要が拡大する200mmウエハー関連の製造装置やクリーンルームで活用する設備、中古装置を扱う企業が出展予定だ。

スタートアップによりピッチも

 2015年から開催したイノベーションビレッジは、スタートアップと投資家、エレクトロニクス業界をつなぐ企画となっている。出展企業は、前回の14社から31社と2倍以上に増える見込みという。例えば、心拍解析によって犬の感情を見える化するウェアラブルデバイス「inupathy」や、VR(仮想現実)ゴーグルに取り付けて複数の匂いを発する「Zaaz VR」、ペンギン型の水中ロボット「TRYBOTS」などが面白そうだ。2016年12月15日には、スタートアップ各社によるピッチコンテストも行われる。

ピッチイベントのイメージ 出典:SEMI

 中村氏は、「2015年のイノベーションビレッジにおいて、実際のビジネスやマッチングに具体的につながったことが、今回の規模拡大につながったと考えている。また、エレクトロニクス業界に携わる人たちは、モノづくり系のスタートアップと接する機会がなかなかない。SEMICON Japanは、気軽に話すことができる機会になるだろう」と語る。

 また、スタートアップ企業にとって展示会への参加は、出展費用や3日間の時間をとられるなどの障害があり容易ではない中、SEMICON Japanでは、DMM.comやリバネスなどスタートアップ支援を行う企業が費用などの支援をしているとした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.