メディア
ニュース
» 2017年01月20日 12時30分 公開

最大15cmの距離でジェスチャーを認識国際カーエレクトロニクス技術展(2/2 ページ)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

車載用IPM、さまざまなモーターを制御

 エンジンを冷却するラジエーター用ファンモーター向け車載用IPM(Intelligent Power Module)「STK984-17X-E」のデモ展示も行った。センサーレスBLDCモーターコントローラーや6個のMOSFETなどをワンパッケージに集積した。使用するモーターの種類や駆動方法の設定などは内蔵したワンタイムPROMに書き込むことができ、外付けマイコンなしで顧客別の仕様に対応することが可能である。

車載用IPMを実装したラジエーターファンモーターの制御モジュール

 「従来はマイコンやゲートドライバー、IGBT、MOSFETなどを組み合わせてモーター制御を行ってきた。当社のIPMを活用すれば、モーター駆動の主な回路ブロックをワンパッケージにしたことで信頼性がさらに向上し、ダウンサイジングが可能となる。マイコン用ソフトウェアを開発する必要もない」(説明員)と話す。

レーザーヘッドライト用ソリューション

 この他、Audiとの協業により開発したレーザーヘッドライト用ソリューションもデモ展示した。デモ機にはハイパワーLEDドライバーIC「NCV78763」を搭載しているという。「Audi R8」に搭載されるレーザーヘッドライトは、標準的なLEDによる通常距離の照射に加え、高速走行時の長距離照射にレーザーを用いる。これらの光源を駆動するのに同社のLEDドライバーが用いられているという。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.