メディア
連載
» 2017年12月19日 11時30分 公開

変わる自動車業界、電子化の加速で競争は新たなステージへIHSアナリスト「未来展望」(7)(3/3 ページ)

[杉山和弘(IHS Markit Technology),EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

自動車産業界への影響

 ティア1の売上高ランキングは、1位がContinental、2位がBoschだ。ティア1にはシステム全体を見ているという強みがあり、安全・安心機能を実現するうえで最も重要な役割を果たしている。グローバル調達力やECU(電子制御ユニット)のプラットフォーム化、ソフトウェアによるアップデートといった戦略面でも強い。

 だが、新興勢力が参入してきたことで、自動車産業界は、従来のピラミッド型のサプライチェーンから、構造がフラット化しつつある(図4)。

図4:電子化により、自動車産業の構造は、従来のピラミッド型からフラットへ移行していくとみられる 出典:IHS Markit(クリックで拡大)

 ただし、まだその過渡期ではある。今後、自動運転とEV化の進展に伴い、自動車のシステムアーキテクチャは大きく変わっていくだろう。半導体メーカー(従来、新興勢力)とティア1の競争だけでなく、また新たなメーカーが参入してくることは容易に想像できる。特に、EV化における充電システムインフラ、5G(第5世代移動通信)といった通信インフラの変化も密接に絡んでくるので、それも考慮しなくてはならない。自動車業界は、安全・安心機能の実現に向けて、技術とコストのバランスを考えることも重要だ。

 自動車業界では、自動運転、EV化の推進を皮切りに、自動車システムのアーキテクチャにおける変革がまさに今、始まっている。

筆者プロフィール

杉山和弘(すぎやま・かずひろ) / IHS Markit Technology シニアアナリスト

 2000年から、大手電気・半導体メーカーでLSIの製品設計から事業戦略立案業務に従事。主に民生エレクトロニクス業界向け製品を扱い、IoTデバイスのネットワークからゲートウェイ〜クラウドを活用したビジネス推進を担当。

 現職では、IHS Markit Technologyのシニアアナリストとして、市場分析/ビジネス分析を手掛ける。
IHS Markit Technology


連載「IHSアナリスト『未来展望』」バックナンバーページへ

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.