メディア
ニュース
» 2019年05月27日 09時30分 公開

2年で2倍の規模に! Smart Sensing 2019、6月5日開幕出展者数81社/団体(2/2 ページ)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

約20セッションで構成する「Innovation Summit」

 展示会場では、約20セッションで構成する講演/プレゼンテーションイベント「Innovation Summit」も実施する。キーノートスピーチとして、会期中毎日午前に2人のスピーカーが登壇する。初日(6月5日)のキーノートスピーチは、産総研人間拡張研究センター長の持丸正明氏と、慶應義塾大学ハプティクス研究センター副センター長の永島晃氏が登壇する。

「Innovation Summit」のキーノートスピーチ (クリックで拡大) 出典:JTBコミュニケーションデザインSmart Sensing事務局

 こうしたさまざまな企画が予定されているSmart Sensing 2019の出展者数は81社/団体。「2017年開催の39社/団体から2倍以上に達した。展示小間数についても2017年の52小間から2倍以上の107小間に広がった。規模の拡大とともに、来場者数も増えており、事前来場登録は、前回開催よりも1割程度多く、会期中の登録来場者数は、前回の8570人を上回り、1万人の大台を突破する見込み」とする。

 なお、Smart Sensing 2019の会期中、東京ビッグサイトではJPCAショーなどの複数の展示会で構成される「電子機器トータルソリューション展」が開催され、Smart Sensing 2019の登録者は、電子機器トータルソリューション展にも無料で入場できる。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.