メディア
ニュース
» 2021年06月22日 20時10分 公開

GFがシンガポールに300mm工場を新設、2023年に稼働年間45万枚の生産能力を追加

GLOBALFOUNDRIESは2021年6月22日(米国時間)、同社のシンガポール工場の敷地内に、新たな300mmウエハー工場を建設し、グローバルな製造拠点を拡大すると発表した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 GLOBALFOUNDRIES(GF)は2021年6月22日(米国時間)、同社のシンガポール工場の敷地内に、新たな300mmウエハー工場を建設し、グローバルな製造拠点を拡大すると発表した。シンガポール経済開発庁(Singapore Economic Development Board)および顧客とのパートナーシップにより、40億米ドルを投資する。

 新工場には、オフィスの他に2万3000m2のクリーンルームが構築され、技術者/エンジニアを含め約1000人の雇用を創出するという。建設は既に開始していて、2023年に稼働を開始する予定だ。

 新工場の建設により、年間45万枚(300mmウエハー換算)のウエハーを製造できるようになる。GLOBALFOUNDRIESのシンガポール工場全体のウエハー生産能力は年間150万枚に達する見込みだ。同社はプレスリリースで、「この新しい工場はシンガポールで最も先進的な半導体製造施設となり、当社の特長でもあるRF、アナログ/パワー、不揮発メモリの生産能力をさらに拡大する」と述べる。

 増加し続ける半導体需要に応えるべく、GLOBALFOUNDRIESは米国とドイツの工場も拡張する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.