メディア
ニュース
» 2021年07月19日 13時30分 公開

ルネサス、オートモーティブHDリンクを発売低遅延で安価なアナログ伝送技術

ルネサス エレクトロニクスは、オートモーティブHDリンク(AHL)伝送技術を開発、AHL向けのエンコーダーIC「RAA279971」とデコーダーIC「RAA279972」の量産を始めた。アナログ用ケーブルやコネクターを活用して、ハイビジョン(HD)映像を低遅延で安価に伝送することができる。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

最大解像度はHDで1080p/30fps、VGAで720p/60fpsに対応

 ルネサス エレクトロニクスは2021年7月、オートモーティブHDリンク(AHL)伝送技術を開発、AHL向けのエンコーダーIC「RAA279971」とデコーダーIC「RAA279972」の量産を始めたと発表した。アナログ用ケーブルやコネクターを活用して、ハイビジョン(HD)映像を低遅延で安価に伝送することができる。

 AHLは、変調アナログ信号を用いて映像を伝送する。HD信号をデジタル伝送する場合に比べ、必要な伝送レートは10分の1で済み、既存のアナログビデオケーブルや標準コネクターを利用できる。

 ノイズにも強く、ビデオデータとは独立して動作する双方向の制御チャネルを備えている。このため、ビデオ伝送中に同じ一対の非シールドツイストペアケーブル(UTP)を用いてカメラを制御することができ、さらなるコスト削減につながるという。

 高い安全性を維持することもできる。例えばAHLリンクが劣化した場合、映像の色やコントラストは変化するが、全てのピクセルは表示される。このため、リアビューカメラに用いた場合でも、車両後方の物体や人物を正確に識別できるという。これに対しデジタルリンクの場合は、ケーブルやコネクターなどに不具合が生じると、映像信号が弱くなって画面表示が見えなくなり、人物などの識別が難しくなることもある。

 AHLは、HD映像で最大1080p/30fps、VGA映像で最大720p/60fpsの解像度に対応する。インタフェースとしては、MIPI-CSI2やBT656、DVPを備えている。また、PLLを内蔵しており、27MHz水晶クロックのみで動作が可能である。

 ルネサスは、新製品と車載用SoC「R-Car」や「RH850マイコン」、車載用PMIC(パワーマネジメントIC)などを組み合わせ、サラウンドビューやリアカメラなどの用途向けに、シンプルな配線でコスト効率に優れたシステムソリューションを提案していく。

 なお、評価ボードとしてAHLエンコーダーIC用「RTKA279971DA2000BU」とAHLデコーダーIC用「RTKA279972DA1000BU」を用意し、供給を始めた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.