メディア
ニュース
» 2021年07月09日 13時30分 公開

ルネサス、IoTシステム設計プラットフォーム発売Pmod 6Aコネクターでモジュール接続

ルネサス エレクトロニクスは、IoT(モノのインターネット)システム設計プラットフォーム「クイックコネクトIoT」を発売する。関連するソフトウェア群も同時に提供。カスタムIoTシステムの開発や試作を、迅速かつ容易に行うことが可能となる。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

開発負荷を軽減するソフトウェア群の提供も開始

 ルネサス エレクトロニクスは2021年7月、IoT(モノのインターネット)システム設計プラットフォーム「クイックコネクトIoT」を発売すると発表した。同時に関連するソフトウェア群も提供する。カスタムIoTシステムの開発や試作を、迅速かつ容易に行うことが可能になる。

 クイックコネクトIoTは、ルネサスの「マイコン開発ボード」と、新たに標準化された拡張用I2C Pmodインタフェース「タイプ6A」に対応する「小型ボード」で構成される。このインタフェースは、Pmodペリフェラルモジュールを規格化したDigilentと協力して開発した。GPIOによるスタンバイ制御やリセット制御による低消費電力化などを実現することで、より広い範囲をカバーし柔軟性を高めたのが特長である。

 ルネサスは、このPmodタイプ6A用コネクターを空気質センサーやフローセンサー、温湿度センサー、生体センサーなどのPmodモジュールとマイコン開発ボードに、標準インタフェースとして装備する。センサーモジュールや通信モジュールを、Pmodコネクターでマイコン開発ボードと接続することにより、IoTシステムに適したモジュールの評価を容易に行うことが可能となる。Pmodモジュールをカスケード接続すれば、さまざまなセンサーを追加することも容易にできるという。

クイックコネクトIoTの活用イメージ 出典:ルネサス

 ルネサスは、さまざまなセンサーをマイコン開発ボードで利用できるよう、共通のソフトウェアAPIとHAL(Hardware Abstraction Layer)のコードを再定義し、統合開発環境「e2studio」に組み込んだ。これにより、システム設計者は数行のコードを書くだけで各種センサーを利用することができ、開発期間を大幅に短縮できるという。

 RA、RX、RL78ファミリのスターターキットなど、既にルネサスが供給している25種類以上のマイコン開発ボードについては、新たに開発した小型インターポーザボードを介して、タイプ6A規格に対応したPmodモジュールを接続することが可能である。

 今後は、ToF測距センサーや周辺機能用のPmodおよび、REマイコンやRZ MPUの開発ボードなども、クイックコネクトIoTに追加し提供していく計画である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.