メディア
ニュース
» 2021年08月31日 11時30分 公開

IBMの「Telum」プロセッサ、不正をリアルタイムで検知推論用アクセラレーターを搭載

IBMは、トランザクション実行中にAI処理を高速に実行するためのオンチップ・アクセラレーションを搭載したプロセッサ「IBM Telumプロセッサ」について、その詳細を「HotChips」カファレンスで発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

2022年前半にもTelumをIBMシステムへ搭載

 IBMは2021年8月23日(米国時間)、トランザクション実行中にAI(人工知能)処理を高速に実行するためのオンチップ・アクセラレーションを搭載したプロセッサ「IBM Telumプロセッサ」について、その詳細を「HotChips」カファレンスで発表した。2022年前半にもIBMシステムにTelumを採用する計画である。

 Telumは、IBM Research AIハードウェアセンターが開発した技術と、Samsungの7nm EUV(極端紫外線)リソグラフィを導入したテクノロジーノードを用いている。高度なスーパースカラーとアウトオブオーダー命令のパイプラインを備えた8個のプロセッサコアを搭載した。動作周波数は5GHz以上である。再設計したキャッシュメモリは、1コア当たり32Mバイト。デュアルチップモジュールでは、17のメタル層に220億個のトランジスタを集積しているという。Telumチップは32枚まで拡張可能だ。

シリコンウエハー上のTelumプロセッサ 出典:IBM

 Telumを用いると、不正検出やローンの手続き、取引の精算や決済、マネー・ロンダリング防止、リスク分析といった金融サービスのAIに特化したさまざまな処理を、専用のハードウェアで実行することができる。これにより、「不正の検出」にとどまらず、「不正行為を予防する」ことが可能になるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.