メディア
ニュース
» 2021年12月07日 12時30分 公開

SiFiveが64ビットRISC-Vコア「P650」を発表「P550」からわずか数カ月後

SiFiveは2021年12月2日、RISC-VプロセッサコアIP(Intellectual Property)「Performance P650(以下、P650)」を発表した。複数プロセッサコアの大規模アレイを必要とする、ハイエンドサーバをはじめ、各種アプリケーションをターゲットとする。

[Steve Leibson,EE Times]

 SiFiveは2021年12月2日、RISC-VプロセッサコアIP(Intellectual Property)「Performance P650(以下、P650)」を発表した。複数プロセッサコアの大規模アレイを必要とする、ハイエンドサーバをはじめ、各種アプリケーションをターゲットとする。

 P650は、64ビットのRISC-Vアーキテクチャで、アウトオブオーダー命令のパイプラインや分岐予測も備える。SiFiveは2021年6月に「Performance P550」プロセッサコアを発表していて、そこからわずか数カ月後というタイミングで、今回この新型RISC-Vコアを発表したことになる。

 P650では、命令ディスパッチ幅をP550の3から4に増加した。13段のロード/ストアパイプラインの他、10段の整数実行パイプラインも備える。これらにより、P650はP550と比較して50%の性能向上を実現したとする。

「Performance P650」のアーキテクチャの一例[クリックで拡大] 出所:SiFive

 上のブロック図は、FPU(浮動小数点ユニット)について示しているが、SiFiveは、コアのFPUに関する詳細は明らかにしていない。

 P650は、RISC-Vのハイパーバイザー拡張を実装することで、仮想ソフトウェア環境をサポートする。また、P550コアよりもさらに最先端のプロセス技術で実装できるという。

 P650では、クラスタ当たり4〜16個のプロセッサコアを搭載した、拡張可能かつコヒーレントなマルチコアプロセッサクラスタを実装できる。P650は、それぞれ個々にL1命令キャッシュと128Kバイトのデータキャッシュを備える他、L2キャッシュが2つのバンクに分割されて実装される。L2キャッシュの最大容量については明らかにされていないが、P550のL2キャッシュが256Kバイトとみられることから、P650でもそれと同等あるいはわずかに上回る程度と推測される。

 P650では、コヒーレントなインターコネクトを使用して、クラスタリングを実行するという。これについてSiFiveは、「クリーンかつコヒーレントなネットワークオンチップ(NoC)インターフェース」と説明している。

 SiFiveは、「2022年初めには、一部の顧客向けに、P650アーキテクチャのプレビューを提供する予定だ。同年半ばまでには、一般向けに販売を開始できるとみている」と述べた。同社は、これらの主要顧客については具体的な社名を明かさなかったが、例えばIntelは、7nmプロセスプラットフォーム「Horse Creek」でP550コアを実装すると発表している。

エコシステムが課題に

 ここでまだ明らかになっていないのが、エコシステムの問題だ。ハードウェアだけでは、サーバプロセッサ市場でシェアを勝ち取ることはできない。これは、Armプロセッサコアをサーバに搭載したいと切望する多くのメーカーにとって、厳しい教訓となっている。既にさまざまなプロジェクトが、Armコアでサーバ市場への参入を試みながら失敗に終わっており、さらにそのようなプロジェクトの数は増加の一途にある。

 このように挑戦しながらも失敗に終わった半導体メーカーとしては、AMDやBroadcom、Calxeda、Cavium、Huawei、NVIDIA、Qualcomm、Samsung Electronics、Tianjin Phytiumなどが挙げられる。

 Armコアのサーバ市場への参入は、例えばAmazon Web Services(AWS)の「AWS Graviton」や、富士通の「A64FX」、Marvellの「ThunderX」「ThunderX2」プロセッサなどのように、進んではいるものの、非常に時間がかかっているという状況だ。SiFiveや他のメーカーが、x86プロセッサアーキテクチャの座を取って代わろうとすると、SiFiveのP650コアをはじめ、RISC-Vアーキテクチャをベースとしたサーバプロセッサも同様に、サーバメーカーやデータセンターアーキテクトからエコシステム関連の抵抗を受けることになるだろう。

 それでもSiFiveの熱狂的な支持者たちは、自分たちが支持するアーキテクチャが最終的に成功を収めるはずだと確信しているようだ。

 SiFiveは、現在米国サンフランシスコで開催中の「RISC-V Summit 2021」(2021年12月6〜8日)で、P650や、今後発表予定のRISC-Vコアの詳細を明らかにする予定だという。

【翻訳:田中留美、編集:EE Times Japan】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.