メディア
ニュース
» 2022年02月25日 09時30分 公開

ウエハー出荷面積、販売額とも2021年は過去最高半導体デバイスの需要拡大を反映

2021年の半導体用シリコンウエハー世界市場は、出荷面積が141億6500万平方インチ、販売額が126億1700万米ドルとなり、いずれも過去最高値を記録した。SEMIが発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

販売額は過去最高を記録した2007年実績を更新

 SEMIは2022年2月8日(米国時間)、2021年における世界の半導体用シリコンウエハー市場について発表した。出荷面積は141億6500万平方インチ、販売額は126億1700万米ドルとなり、いずれも過去最高値を記録した。

 2021年は半導体デバイスの広範な需要拡大もあり、半導体用シリコンウエハーの出荷面積は2020年に比べ14%増加した。販売額も2020年に比べ13%の増加となった。この結果、販売額は過去最高額であった2007年(121億2900万米ドル)を上回る規模となった。

半導体用シリコンウエハー市場(太陽電池用は含まない)の推移 出所:SEMI

 SEMI SMG会長でShin-Etsu Handotai America技術TS副会長を務めるNeil Weaver氏は、「近代経済が強くシリコンウエハーに依存していることを反映し、シリコンウエハーの出荷面積および、出荷額は前年比で大きく成長した。シリコンウエハーは私たちの生活や仕事の形を方向付けるデジタル化や新技術のエンジンとなっている」とコメントした。

 今回発表した数値は、SEMI Silicon Manufacturers Group(SMG)によるシリコンウエハー業界の分析結果に基づいたデータ。ウエハーメーカーよりエンドユーザーに出荷されたバージンテストウエハー、エピタキシャルウエハーを含むポリッシュドウエハーおよび、ノンポリッシュドウエハーを対象に集計したものである。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.